WH WEBMAGAZINE
ビュッフェスタイル

工法・構造


快適で安心な暮らしを続けるために大切な構造。耐震性、耐久性、断熱性、耐火性など、最先端の工法でいつまでも家族を守り続けていきます。

基礎:べた基礎

建物の荷重を地盤に伝え、地震や台風による構造体の揺れを受け止める重要な構造体です。全ての建物において標準で鉄筋コンクリート造ベタ基礎を採用しています。立ち上がり部分には、上下に13ミリの主筋と補強筋を配置し、充分な強度を確保。また、基礎幅150ミリ(一般120ミリ)とすることで、鉄筋のかぶり厚を確保し、耐久性も向上しました。
※構造計算により、鉄筋の組み方や量がかわってきます。

土間通気工法・防蟻対策:玄関タイルの下にも空間を設けている理由

シロアリによる食害を受ける箇所が昔と今で変わったということをご存知ですか?近年の築10年以内の家では、シロアリ被害は「玄関」に集中しているそうです。昔のお風呂がまさにその条件を満たしていました。しかし、今はユニットバスになっているために、土も湿気も無く、シロアリが発生しにくくなっています。その代わりに、シロアリが狙うのは玄関です。一般的に、玄関タイルの下は土で埋め戻されていて、隙間を通じて外の土中

とつながっています。そのため、湿気やすくシロアリが発生しやすいにも関わらず、点検ができず、万一発生しても駆除が困難でした。それではシロアリに「入ってきて」と言っているのと一緒です。そのためウィングホームでは、「土間通気工法」を採用し、玄関のタイル下もユニットバスのように隙間を設け、通風により湿気を排除し、点検・駆除を容易にできるようにしています。

more

床下構造・防蟻対策:シロアリ・腐朽菌を寄せつけない床下構造

基礎コンクリートは地面からの湿気を吸い込むため、基礎パッキンを使う事で、土台と基礎の間に20ミリの通気層を設け、常に床下が乾燥状態になります。そのため、湿気によるシロアリなどの害を受けにくい構造となっています。この対策を怠ると、耐震性、耐久性に重大な影響を受けます。従来の開口部も無いため、欠損が無く強度も均一です。

基礎:防蟻対策・隅々まで充分な換気を確保

《安心のシロアリ10年保証》
基礎パッキン工法の場合、10年間のシロアリ保証が付きます。10年間もしも被害にあった場合、修繕費最大1000万円が保証されます。他社の場合、防蟻薬剤を散布することがありますが、その場合5年間の保証が付きシロアリ駆除を保証するもので建物の修繕費に関しては保証されません。そのくらい基礎パッキン工法は安心と自信のある工法です。
(延長保証あり)

構造:WINWOOD・メタルジョイント(金物工法)

最新のテクノロジーで安定した強度と変形の少ない躯体。従来の継ぎ手は木材に凹凸を掘り込んで組み合わせていたため、そこに断面欠損が生じてしまいました。WINWOODでは、最新の専用金物により断面欠損が少なく、強度の高い継ぎ手を実現しました。集成材に理解がある方、施工後の割れや反りを気にされる方におススメの工法です。

構造:在来工法(無垢4寸)

無添加の家では、耐久性の高い桧4寸柱を使用。3.5寸柱と比べ、構造材の使用量は1.3倍となり、無垢材特有の節、割れをカバーしています。また、耐震性能は、必要とされる数値の1.5倍の構造計算をクリアすることを標準としています。
(金物工法の場合でも同様)

構造:耐震等級3の強さ

【耐震等級1の強さ】
◎数百年に一度発生する(住宅の密集する年で震度6強から震度7程度)の地震に対して、倒壊・破壊しない。
◎数十年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)の地震に対して、損傷しない。

【耐震等級3の強さ】
◎耐震等級1で要求される数値の1.5倍の強さ。

断熱:呼吸するW外断熱

冬暖かく夏涼しい外断熱にプラスして内断熱も併用したダブル断熱を採用し、高いより断熱性能で快適な環境を実現します。そして、排湿層による除湿効果を付加したシンプルで半永久的な断熱工法です。断熱先進国のドイツやアメリカでは、普及している断熱工法です。

柱の外側と柱間の双方に断熱材を施した最強の断熱工法です。

断熱壁160mm
熱還流率(U値)=0.28w/㎡・K
断熱力=断熱材の性能×断熱材の厚み

呼吸するW断熱6つのメリット

モノコック構造(ダイライト):揺れを家全体で分散

構造体は、1階床、2階床、小屋裏床(OP)、壁4面により、サイコロのような「モノコック構造」を形成しています。垂直面(耐力壁)だけでなく、水平面(剛性床)についても強度の高いモノコック構造は、地震や台風による揺れを家全体で分散して受け止め、抜群の耐震性を発揮します。

モノコック構造(ダイライト):耐力壁の欠損を減らし隅々まで

耐力壁は、構造用面材(ダイライト)によって構成しているため、外力が梁や柱、土台などの接合部に集中することを防ぐことが可能です。また、筋交いでは利用できなかった窓上、窓下の小壁についても固定されるため、耐力壁の欠損を防ぎます。

モノコック構造(ダイライト):透湿性が高く壁内結露を防止

室内で発生した湿気はコンセントや壁の隙間から内部に侵入し、露点を超えると結露します。やがて土台や柱、壁などの躯体を腐らせる原因になってしまいます。ダイライトMSは、透湿抵抗値が9mm厚で2.3ですから、構造用合板の約5倍の浸透性を発揮し壁内の湿気を速やかに放出し、結露を防ぎます。

高遮熱・高断熱サッシ「Low-E複層ガラス」:夏の強い日差しはカットして、冬は暖かいまま

熱の出入りが最も多い窓こそ快適にするキーアイテム。ウィングホームでは、次世代エネルギー基準に適合して様々な環境に対応する「複層ガラス」より、更に遮熱性と断熱性の高い「Low-E複層ガラス」を採用しています。そのため、冬は室内の暖かい熱を逃さず、夏は涼しさをキープし、年間冷暖房費も大幅ダウン。家計にも環境にもやさしい住まいを実現できます。また、紫外線を82%もカットするので、日焼けの心配も減ります。

定期点検

毎年スタッフが床下に潜り、シロアリ点検はもちろん、給排水管などの見えない部分の点検もしています。いつまでも快適に暮らして頂きたい想いで、隅々まで丁寧に点検をしております。
定期点検はお引渡し後、1ヶ月、6ヵ月、1年、2年、3年・・・10年まで毎年、その後5年ごとに 点検をさせていただいています。

省令準耐火構造

①隣家などから火をもらわない②火災が発生しても部屋から火を出さない③万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる、という3つの考えに基づいた対策が施され、万一の火災時にも避難時間を十分に確保できる性能を持っていると公的に認められた構造です。そのため、一般住宅と比べ、火災保険や地震保険の保険料も安くなります。