WH WEBMAGAZINE
注文住宅レポート

注文住宅レポート
掛川市家代の里Y様邸「タイルとチェッカーガラスの可愛いお家」

プロローグ

『可愛いだけじゃなくって、
暮らしやすい収納と動線を重視した
漆喰とタイルとチェッカーガラスのお家』
-掛川市家代の里Y様邸-

構造
木造軸組工法
階数
2階建て
間取り
3LDK+Laundry+Wood deck+WIC
敷地面積
250.82㎡(75.87坪)
延床面積
110.13㎡(33.25坪)

真っ白な漆喰の塗り壁に赤い屋根がかわいいディスニー大好き家族のお家。窓周りには木枠をぐるりとつけてアクセントに。

ピンクのタイルが可愛いキッチン&ダイニングスペース。ついつい置きっぱなしにしてしまうおたよりや文房具などをサッとしまいやすいように、カウンター下にたっぷりと収納を造ってもらいました。

揚げ物や煮込み料理をしているときも、のぞき窓から子ども達の様子がいつでも見れるようにしました。可愛い格子にしてもらったから、タイルの雰囲気ともピッタリ♬

テラスハウスに憧れて。。。造作のテレビボード側の壁は木貼りにしてもらいました。棚には今まで飾れていなかった大好きなディズニーグッズをズラリと飾ります♪

畳スペースには収納がいっぱい!お勉強するときに必要な本はこっち。みんなのカバンをしまうのはこっち。小学校で使うピアニカや習字の道具はこっち、としまうものを決めて収納計画しました。

大好きな可愛いものに囲まれたウキウキする暮らし。ひとつひとつ小さなこだわりも沢山叶いました♪

女子が多いので。。。誰かがお風呂に入っていても洗面が使いやすいように、脱衣室と洗面を分けました。

共働きなのでお洗濯はパパが手伝ってくれるんです。パパが作業しやすいように、お洗濯は1Fで全部済ませちゃうように、脱衣室のすぐ隣にランドリースペースができました。

子どもが2人とも女の子なので、朝の支度で洗面が取り合いになっちゃわないように2Fにも洗面をつけました。

子ども部屋は2部屋。壁1面は子ども達も大好きなピンクの色漆喰にしてもらいました。

パパとママの寝室の奥には大容量のウォークインクローゼットと小屋裏収納。大きなお雛様や季節の物などもスッキリしまえるようにしました。

【開催しました♪】 完成見学会4月23日24日(土日) 掛川市家代の里Y様邸

完成見学会を開催しました!

 

ストーリー
私たちがまだ家づくりについて何も知識がない頃
実は一度、ハウスメーカーさんで話が進んでいた時がありました。右も左もわからずに言われるがままどんどん契約まで進んでいって、でもいざ打合せが始まると「これは出来ません」て言われることが多くて、段々金額も上がってきちゃって。。。せっかくお家を建てるならこだわりたいって思いが強かったから。。。だからハウスメーカーさんは何か違うなって思ったんです。

出産で里帰りした時、たまたまウィングさんのチラシを見て「かわいいなー」って思って、そこで初めてHPを見て資料請求しました。
チラシもかわいいし、好きな感じだなって思ってて、子どもがまだ小さかったけど、早く行ってみたくて見学会に行っちゃいました。今まで見に行っていたお家って、代わり映えしないっていうか、みんな同じに見えちゃってたけど、ウィングさんのお家を見て、「他のところと全然ちがう!」って思いました。スタッフさんも話しやすくて、何より営業しないって書いてあったのが、行ってみたら本当に何もしなくって、「本当にいいの?」って思うくらいで(笑)だから気軽に見に行けました。

あと、子どもが喘息で入院したりしていたので、空気がキレイだってところも安心でした。せっかく建てるなら、みんなと同じようなお家にはしたくない。でも「こうしたい!」ってイメージがすごく漠然としていて。。。そんな私たちのイメージをわかっていてくれて、初めて自分たちのプランを見た時。。。「言ったこと全部入ってる!!」2人でびっくりした時のことをとても覚えています。

「どうしたら自分たちらしくまとめられるかな・・・」
「これとこれを合わせたら変になっちゃわないかな・・・」
そんな不安や迷いがいっぱいだった中、決められない私たちのイメージを汲み取ってくれた担当の田中さん。打合せの時間がいつも本当に楽しくてあっという間でした。託児のリボンさんもいてくれるので遊び盛りの子ども達がいる私たちにとってすごく安心して打合せができました。

私たちって、最初から漠然としたイメージしかなかったけど、こんな私たちでも、こんな素敵なお家ができました!ってことが伝わったらいいなって思います。ウィングさんだったら、漠然と「こうしたい! 」って思っているものを叶えてくれますよ!

高塚美沙

投稿者: 高塚美沙 広報部

オンラインの国からやって来たクリエイティブな「電脳少女」 その姿を見たものは、未だ数少ない。。。