WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

ヘリンボーン貼りの床と吹き抜けのあるお家

先日、見学会をさせていただいた掛川市長谷のK様邸。
見学会に来られた方からは。。。

「玄関の床、かわいいですね~♥」
「すご~い。。。こんなに明るくなるんですね」
「この床好きです。いい色ですね」
「吹き抜けとつながっているデスクコーナー、距離感がちょうどいいですね☆」
「わぁ、和室のにおいだぁ~♪落ち着きますね」
「この間取り、わたしの理想に近いかも。。。!」
「ダイニングの“個室感”もいい感じですね♪」

と、参考にしていただけたようでした(^^)
2日間で89組のご来場がありました。明るくて気持ちのいい空間にゆったりとした時間が流れ、ひとつひとつ丁寧にご覧いただきながらご見学されている印象でした♪

お施主様のK様も見学会の様子を見にいらしてくださっていました。

Aちゃんは「お部屋いく~♪」と自分のお部屋ができたことがとっても嬉しそう♪♪

見学会場に貼られているPOPも「よく似てますね♪」
そっくりなご家族の似顔絵を発見しながら、楽しんでくださっていました☆

「理想の家になりました」そうお話くださったKさん。

プランのお打合せをしているときに、Kさんがまとめてくださった一枚の用紙の中には、お家への想いがぎゅ~っと詰まっていました。

どうして家を建てたいと思ったのかとお聞きしたときに感じた、奥様KさんとHちゃん、Aちゃんの幸せを願う想い。ご家族への愛情がカタチになったから、こんなにやさしい空間になったんですね。

 

 

 

\ K様邸のみどころを少しだけご紹介します☆ /

玄関を開けた瞬間に「すてき」と感じさせてくれる特別感のあるヘリンボーン貼りの床。

Kさんも見学会で見て、手作り感を感じる素敵さに感動し、自分のお家でも採用したいと思われたそうです☆
見学会でも大人気でした♪

そして、いつかお茶のお教室ができたら。。。☆奥様Kさんはお茶の趣味をお持ちなんです。
お教室を開いたときや来客があったときに、リビングを通らずに玄関からもそのまま和室へ行けるようにしたいという希望がカタチに☆
普段も使いやすいように、リビングともつなげてもらいました♪
和室でKさんがたてられたお茶をいただくのが楽しみです(^^*)

リビングに入った瞬間に、吹き抜けの開放感に感動。。。*
吹き抜けの開放感としっくいの反射の効果で、明るくて気持ちがいいんです。
しっくいの塗り壁とオークの床、やさしく包まれるような空間になりました。

そして、ダイニング→キッチン→洗面脱衣室の動線が、とにかく楽チン♪

Hちゃん、Aちゃんと一緒にお料理をするようになっても、広々作業ができるようにキッチンと背面収納の間も広めにとってもらいました。
ここで3人並んでお料理するのが楽しみですね*

2階には広~いカウンターのパパコーナー。

吹き抜けでつながるほどよい距離感。
子供たちの声を聞きながら、自分の時間も大切にできる場所に。

子供たちと並んで使うことも想定して。。。広々スペースになりました☆

まだまだご紹介しきれないほど!みどころがたくさ~んのK様邸♪

「Aちゃんは“新しいお家で絵本読む!”って昨日も行きたがって。
この間ばあばが家を見に来たときにも自分のお部屋に案内して他のお部屋がなかなか見れなくて(笑)
Hちゃんは“引越しの準備”って張り切って、もう自分のデスクを片付け始めてるんですよ~」

これから始まる暮らしをみんなで楽しみにしている様子が伝わってきました(^^*)

お引渡しまで、あと1週間です。。。☆ワクワク、ドキドキ。。。♥楽しみですね♪♪

冨永青葉

投稿者: 冨永青葉 ライフコーディネーター

ウィングホームでは「ヒマワリ」のような存在。 掛川市では有名な「冨永三姉妹」の末っ子であり、中学の時にはバスケットボール部の部長を務めた経歴をもつ。 月刊レポートであるウィングパーティーのコメント欄の名前が「青葉ちゃん」と書いてあることもあって、お客さんからも「青葉ちゃん」と呼ばれることが多い。 誰からも愛され親しみやすい性格で、青葉ちゃんのヒマワリの様な笑顔の周りには、いつもたくさんの笑顔と幸せで溢れている。自分のことよりまわりの人のことを何よりも大切にしていることは誰の目にも明らかに映る。 好きな芸能人は「岡田准一」。小学校の頃からの熱狂的なファンであり、彼が主演している「おとなり」という映画が一番のお気に入り。