WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

家族への感謝が込められたメッセージ

まちにまったこの日。上棟の日。

5月6日。

朝起きてカーテンを開けたらまぶしいほどのいい天気!
とっても気持ち良い上棟日和となりました。

ずっと予報が雨で心配してたけど、この大切な日をお天気さんもわかってくれてたみたい♪

ときどき雨が降りそうになっても、直ぐに青空が顔を出して、首の後ろが日焼けでまっかっかです(*^^*)

大工さんたちも作業しやすそうでした♪

“ワクワク♡”が家中にいっぱいちりばめられたお家に

ウィングホームとの出会いは5年前。

それからずっと楽しみにしてきたお家づくりだから、
想いもその分たっぷり詰まってます♡

ずっと笑顔でハッピーに暮らせたらいいな。。。♪

そんな気持ちがお家のあちこちに感じられます。
“ワクワク”ポイントがいっぱいのお家♡

昨日までは土台しかなかったお家が、
一日で立体的にカタチになります(^∀^)/

 

5年間の想いをこの棟木に託して。。。

それぞれに今の気持ちを棟木に書き込んで。。。

 

「家族の笑顔がいっぱい集まる場所になる!」

「ここで毎日HAPPYに暮らす!」

「たくさんの笑顔があふれる家に!!」

「笑門福来!」

「安全にすめますように」

「♡」

そして、大切な人への感謝の気持ちも。。♡

家族の想いは、3人の女性監督の指示で。。。

Iさん家族の想いをカタチにしていく この現場の監督は大石さん。

そして、上司の麻衣子さんと後輩の結女さんがサポートに入ってくれています。

3人ともみんな監督です。

冷静に見てみると。。。
みんな女性でした!!

建築の業界で、女性監督というだけでも珍しいのですが、
3人いて3人とも女性なのはとても珍しいことなんですよ(^^)

「カッコイイ!!」ですよね♪

監督の指示で大工さんたちも手際よく柱を組み立てていきます。

月に3棟は建て方をしているので、大工さん達の息もピッタリです!

ウィング自慢の大工さん達です(*^^*)

最後は自分たちの手で! いよいよてっぺんへ向います!!

想いを託した棟木は、家の一番てっぺん。

最後に納める木です。

それを自分たちの手でしっかりと納めていただきます。

トン!トン!と大きな音をたてながら、
少しずつゆっくり、
そしてしっかりと柱に納まっていきます。

自分たちの「家」という自覚と愛着が増す瞬間でもあります♪

工事の安全と幸せな暮らしを願って。。☆

無事に棟木が納まったところで、「上棟式」を行いました。

これからこの場所で、たくさんの笑顔と
たくさんのHAPPYが訪れますように。。。♡

そして、この場所が大切な家族のパワースポットになっていくんだろうな(*^^*)

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。