WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

人気の間取り【洗濯がラクな間取り】

パパは知らない?重労働な「お洗濯」

洋服やタオルなど、あっという間に洗濯カゴが山盛りに!!

一度で済めばまだいいですが、一日に二度も三度も洗濯をするご家族もいるのでは?

遊び盛り育ち盛りのお子さんが元気に毎日過ごしてもらえている証拠ですね(^^)

とはいえ、毎日当たり前にしている洗濯ですが、かなりの重労働です。

洗濯機で洗った洗濯物は水分を含んでいて重たい!!

乾いた洗濯物を取り込んで終わりじゃない。
たたんでしまうだけでなく時にはアイロン掛けも。。

雨の日はコインランドリーへ駆け込んだり、
天気がいいと思って外にだし、急な雨でもう一度。。。

洗濯って当たり前に出来てくるんじゃないんです!

意外と重労働なんですよね(^^;)

洗濯をいかにラクにするポイントは?

どうしたらラクに洗濯ができるのか?

大変な部分を改善すればいいんです!

1 洗った洗濯物を運ぶ距離を短く!

2 雨が降ってきても安心な場所へ!

3 取り込んだらその場でアイロン!

4 ハンガーのままWICへ!

 

これが叶ったら毎日が幸せです♪

洗濯がラクになる「4つのポイント」が全部入った理想の間取りとは

家事をするときって、同時進行で行う事が多いです。

キッチンで洗い物をしながら、洗濯機を回したり、
子どもがお風呂から出て来たら体を拭いたり。。。

だから基本的にキッチンと脱衣室は横移動が理想的!

これなら、横目で様子を見ながら同時進行できますもんね(^^)

 

濡れた洗濯モノを持って2階に上がったり、リビングを突っ切ったりしなくていいこの距離感。

寒い冬は、室内で先にハンガーにかけてから外に出せる!

雨の日の部屋干しスペースも嬉しい♪
くつろぎのリビングから見えないこの位置も理想的!

カウンターの下にはアイロンやミシン、ハンガーなどを収納できちゃう嬉しさ!

干してあったハンガーをそのまま隣りのWICのパイプに掛ければたたむ手間も省けちゃう♪

理想を叶えたら。。。

この間取りに行き着きました(^^)

洗濯以外にも!その他のメリットは?

他にも、

キッチンの周りをグルグル廻れるので、行き止まりがなく、最短距離で移動が可能になりますね!

WICが近くにあれば、お風呂に入る時もわざわざ遠くまで着替えを取りにいかなくてもすむのでラクチン♪

休む空間(リビング)と動く空間(洗濯動線)が交差していないので、それぞれが気にせずに過ごせるのもいいですね!

 

その土地によっていろんな特徴があると思うので、その特徴や良い面を活かしながらプランしていくことも大切です。

風の流れは?

日当たりは?

外からの視線は?

風に当たれば良い?日に当てたい?

洗濯だけでもいろんな見方があります。

自分たちはどうなのかを考えながらプランしてみましょう(^^)

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。