WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

数ある住宅会社から選んだ理由

Yさんご家族のお家づくりのテーマ

「いつまでもみんな仲良く明るく楽しい家にしよう」

それがYさんご家族のお家づくりのテーマです。

先日、Yさんご家族にお家づくりについてインタビューをさせていただきました。

お家づくりを始めたきっかけとなったことから、どんな暮らしがしたかったのか、家づくりを通して一番思い出に残っている事、これから楽しみにしていることなど。。。

いろんなお話を聞かせていただきました。

 

「子どもをのびのびと遊ばせてあげたい」

お家づくりを考え始めたのは、お子さんのSちゃんが生まれてから。

家の中を元気に走り回る楽しそうなSちゃん。

思いっきり走り回らせてあげたい。

思いっきり遊ばせてあげたい。

でも、周りのお部屋に迷惑をかけてしまうため、どうしても注意しなくてはいけない。

 

それが辛くて、耐えられなくて。

自分たちのお家があれば、そんなこと気にせずに自由に過ごさせてあげられる。

それがきっかけで、家づくりを考えだしました。

ずっと暮らしていく家だし、自由に作れた方がいい

家づくりを考えだしてから、たまたま入っていたチラシ。

いろんな会社がいっぺんに見れる見学会でした。

まとめて見れるし一回行ってみよっか!とそのイベントへ。。。

何軒かいろんな会社のお家を見て回ったけど、なんだかピンとこなくて。

どのお家も玄関からリビングまでの雰囲気や配置がワンパターン。

なんかシックリこないなぁ。。。

 

でもウィングホームのお家を見た時は、衝撃を受けました。

玄関ドアを開けた瞬間に「これがいい!」って思ったんです。

玄関ホールに大きな窓。
リビング越しに景色が広がっていて、
家族用の玄関とお客さん用の玄関が分かれてる!
こういうのいいなって思ったんです。

雰囲気とか、配置とか、どこを見てもワクワクしました。

せっかく建てるんだから、決まりきった間取りではなく、自分たちの生活のスタイルや暮らしやすさを重視した自由に設計できるお家の方がいい。

決まりきったデザインや間取りのお家じゃなくて、自分たちの欲しいものや理想が叶った間取りにしたい。ずっと暮らしていく家だから。

そんな思いが沸き上がってきました。

Yさん家族が叶えた理想の暮らしとは?

大通りに面しているので、玄関を開けて中が見えないようにしたい!
だから、玄関に直接入るんじゃなくて、目隠しの壁のあるポーチにしました!

 

ゴルフバックを置く場所がなかったから、いつも車に積みっぱなしで。。。
だから少し広めにシューズクロークをつくりました!
家族はそこを通り抜けて上がれるようにして、家族用の玄関とお客さん用の玄関と分けた配置にしました!

 

家に帰ってきて着替えたり、お風呂に入るときに着替えを取りにいったり、わざわざ2階まで取りにいくのは面倒!
だから、玄関ともお風呂とも近いこの位置にファミリークロークをつくりました!
これだけあれば、普段着も家族分しまえそう!

 

今のアパートは壁に向って料理してるから、後ろをちらちら振り向きながら気にしながら料理してるんです。。。
これからは、家族と会話したり、子どもの様子を見ながら安心して楽しく料理が出来るようになるから嬉しい♪

 

無垢の床とか、漆喰の壁とか、自然素材の空間に既製品の洗面台があるとなんかもったいないというかシックリこないかなと思って、
洗面台も造作で作ってもらいました!
カウンターも広いから、ここでお化粧もできるし、子どもと並んで身仕度も出来そう!カウンター下には、タオルやパジャマも収納できるようにしました!

 

ウッドデッキは奥行きを重視しました。
プールを置いたり、BBQの時もテーブルを置いて食べられるように!

パパの優しさから付いたウッドデッキのオーニング。
子どもがプールで遊んでいるときに日陰になるように♡

 

沢山の理想が叶ったお家がもうすぐ完成します!

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。