WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

「キラキラした目を見て建てようと思った」御前崎市池新田_Y様

幸せな笑顔溢れるなか行われた 引渡式

先日御前崎市池新田でお家づくりをしていたYさんのお家のお引渡式を行いました!

出会ってから1年半くらい。

この日がくるのをずっと待っていました♪

「キラキラしている目を見て建てようと決めました」

始めて行った見学会は、掛川市紅葉台のお家。

「行くときにはまだ乗り気じゃなかったんだよね。なんかいろいろめんどくさそうだし(笑)」

「でも、ウィングホームの家を見てAちゃん(奥さん)のキラキラした目を見て“建てよう”って思ったんだよね。」

 

お引渡しの時に今までのお家づくりを振り返ってご主人のSさんがそう話してくれました。

家族の幸せそうな笑顔を見て家づくりを決意されたSさん。

とっても大切に思っていらっしゃるご家族への“愛”を感じました。

 

「家ができて、新しい家で使う物を買い物している時の楽しそうにしているのを見て“やっぱり建てて良かったな”って思いました。」

 

そのお話を聞いて、私も胸が熱くなりました。

「喧嘩になると思ってたけど、いつも寄り添っていてくれたね」

「意見が分かれることもあると思うし喧嘩になると思っていたけど、ここまで楽しくやってこれたのもSちゃん(ご主人)のおかげかな」

「私が希望を言えば一緒に考えてくれたよね」

 

打合せの時は、
奥さんが楽しそうに決めているときも、悩んでいるときも、
いつもそばで寄り添って見守っていたご主人。

 

「買い物で何軒もハシゴした時も、イヤな顔せずに一緒にいってくれたよね。いつもありがとう。」

 

お互いにお互いの事を大切に思いながらこのお家づくりを一緒になって進んできたんだなって、家づくりってこうやってお互いの思いに寄り添いながら進んでいくんだなって、改めて感じました。

とっても素敵時間でした。

 

これから何十年とこの家で思い出をつくっていく

一緒につくってきたこの大切なお家で、
笑顔が溢れる楽しい思い出をいっぱい作っていってくださいね♪

この瞬間に一緒にいれたこと、
そして、これからもウィングファミリーとしてずっとお付き合いしていけることに。。。心から感謝を込めて♡

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。