WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

メンテナンスがかからない家

メンテナンスが家の価値を決める

メンテナンスは
いつもまでも安心で快適に暮らしていくためにとても重要になります。

いくら太い柱にしても、いくら制震装置を取り入れても、雨漏りして柱や梁が腐ってしまったら。。。

せっかく高いお金をかけて安心を手に入れても台無しになってしまいますよね。

いつまでも建てたときと変わらぬ耐震性、耐久性を保つためには欠かせないことなのです。

30年で310万円お得

メンテナンスで大きく関わる部分というと、代表的なのが「外壁の塗替え」と「コーキングの打ち替え」です。

サイディングというのは、外壁のパネルです。このパネルを繋ぎ合わせる際にパネルとパネルの隙間から壁内に雨水が入らないようにするために「コーキング材」で埋めて塞ぎます。

しかし、そのコーキングがどうしても劣化し、割れ、その割れ目から雨水が壁の中に浸透してしまうため、大事な構造躯体を腐らせてしまう可能性が出てしまいます。

そうならないために、5年に一度コーキングの打ち替え&10年に一度外壁の塗替えが必要になります。

30年間で420万円かかります。

 

しかし、ウィングホームのお家は

「塗り壁工法」のため
「つなぎ目」がありません!

そのため、コーキングの打ち替えも塗替えも必要ありません。

たとえば、
外壁が汚れて気になるので洗浄を頼んで
30年後に雰囲気を変えたくなって塗り替えしたとしても。。。
30年間で110万円で済みます。

 

「サイディング」のお家と
ウィングホームの「塗り壁」のお家では

30年間で「310万円」も
メンテナンス費に差が出てきます。

 

ずっと長持ちさせるために必要なメンテナンス費ですが、建てた後にかかってしまうと大変ですよね。

住む人にとって何が一番大切か

ウィングホームは、

建てた後になるべくメンテナンス費を掛けずに長く安心して快適に過ごせる家を提供しています。

それが、
住む人にとって一番だと思うから。

建てた後が本当の家づくりの始まり。

「もっと楽しく、もっと自分らしく」

ウィングホームが大切にしていること。

家に帰ってくるとホッとする。

大好きなものに囲まれて
自分らしくいられる空間。

毎日家族の笑顔が絶えない暮らし。

床や壁のキズは、
子どもたちとの大切な思い出となり、
見る度に懐かしさを感じる。

そして、
ずっと守られている安心感。

建てたときと変わらぬ耐久性と耐震性。

 

いつまでも自分らしく愛着いっぱいのお家で安心して暮らしていただきたい。

 

そのために、ウィングホームは

建てて終わりではなく、
建てた後のメンテナンスのことも考えた家づくりをしています。

 

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。