WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

ウィングの無添加の家に暮らして7回目の夏

暑い!!!

暑い日がつづきますね~

ここ、数日は、特に湿気がスゴすぎますね!

外に出ると思わず

『暑っっ!!』とつぶやいてしまいます。

みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?

 

ベタベタ

以前住んでいたアパートは、床がクッションフロアだったせいもあり、

夏にはとにかく肌にベタベタとくっつき、裸足で過ごしても

全く気持ちよさがありませんでした。

旦那は、暑がりで・・・

エアコンの効いた部屋は、キンキンに冷えて寒く・・・

その部屋以外の廊下やトイレは、ムッとした暑さや湿気を感じ・・・

屋内にいても部屋の温度差が激しすぎて、快適!という環境ではありませんでした。

ウィングの家に住んで・・・

最初は、エアコンなしでどこまで過ごせるだろう?と

暑いときだけエアコンをつけていました。

杉の床や、漆喰の壁が気持ちよくて・・・

アパートでのベタベタした暮らしとは比べものにならないくらい快適でした。。。

年々、もっと快適なはず・・・とエアコンをつけることも増えてきました。

付けたり消したり・・・していた時期を過ごし・・・

ある時、エアコンを消して長期留守にしました。

その後、家に戻った時

外よりも家の中がすごく暑い!という状況を経験し、

魔法瓶のように断熱材ですっぽり包まれた外断熱の家は、こんなに暑さを保温してしまうんだ!ということを知りました。

さらに、一度温まってしまった家を冷やすには、信じられないくらいの時間がかかるということを知りました。

それからは・・・

1Fのリビングのエアコンをずーっと付けっぱなしにするようにしました。

もちろん、家を長期留守にするときもずーーーっとです。

 

 

リビングエアコン1台

私は、ウィングのお家に暮らして・・・

今年で7回目の夏を迎えました。

ほとんど1Fだけで暮らしている我が家は、

今年も、リビングのエアコン1台でゆるーーく家全体を冷やし・・・

(玄関と、トイレ以外の間仕切り戸はすべて開けています)

ひんやりつめたい漆喰の壁、さらっとした無垢の床で快適な夏を過ごしています(^^♪

 

*ちなみにわが家は、小屋裏空間がないので小屋裏エアコンがつけられません。

小屋裏エアコンがあるお家は、もっと快適でしょうね・・・

長島麻衣子

投稿者: 長島麻衣子 設計部長

子育てしながら働く建築士であり、ウィングホームの専務である鈴木住直と共に注文住宅の現場を司るマイスター的な存在である。プラベでは、小学生の子どもを持つ二児のママ。会社ではスタッフの面倒見がよく、部下の育成に長けている頼れるお姉さんというポジションを確固なものとしている。彼女の特性は、子育て目線でお客様の暮らしの提案ができ、安心感を与えてくれること。愛車のミニクーパーは、そんな長島さんにピッタリマッチしている。一部の業界人からは「天才」と呼ばれている。 2010年に自宅を新築。光と風を採り入れて設計した新しい平屋スタイルは、根強い人気を誇っている。