WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

ちょ~マニアックなセミナー

その名も「本当にあったトラブルに学ぶ『高気密・高断熱住宅』温暖地の結露・カビ対策」

聴講者もいつもと違います。
デザイン系のセミナーだとデザイナーっぽい人が集まるのですが、今回は真面目な学校の先生みたいな人が多かった。
たぶん、みんな工務店の社長だと思いますが…。

あまり知られていないが、結露は頻繁に起こっているらしい

うちの家は結露するなんて公言する会社はありませんものね。でも、実際には頻繁に起こっていて原因が分からないことが多い。しかも、北国でなく温暖地で起こっているというのはどうしてでしょう。

それは、①ヒートブリッジの知識がないまま単に断熱材を詰め込んだ家が増えたこと、②基礎コンクリートの湿気の排出方法が未完成なまま基礎断熱が増えたことによります。

もちろん、ウィングホームはW外断熱で床断熱ですから問題ないのですが。。。

結露は全ての元凶

結露が起こるとカビ・ダニが繁殖し、アレルギーや喘息の原因となります。

さらに、結露は腐朽菌を発生しシロアリをも呼び込みます。

それだけ結露は、人にとっても家にとっても大敵なんです。

しかも、一度発生すると大掛かりな工事をしないと止まらないことが実例から明らかにされました。

結露の方程式

『断熱』×『気密』×『換気』×『冷暖房』

と言っておりましたが、これに×『地域性』を加えるべきだと思います。実際に講演でも地域差が激しいと指摘していました。

内容は門外不出だということなのでお知らせできませんが、充実した5時間でした。

建築に科学が必要なことを改めて感じ、ぶしつけでしたが講師の大学教授の研究室にお邪魔させていただく約束をいただきました。

新しい外断熱のアイディアを相談したいからです。

 

結露の話をもっと知りたい方は…

毎月開催されている構造セミナーにご参加いただけると嬉しいです。

結露のメカニズムのほか、断熱やシロアリのこと、震度7の熊本地震から学ぶことなど盛りだくさんでお話しさせていただいております。

次回は5/21(土)13:50~

予約が必要ですので

info@winghome.jp

0120-09-3425

からどうぞ。

 

 

斎藤元志

投稿者: 斎藤元志 社長

ウィングホーム株式会社の創業者であり、現社長。スタッフを家族のように愛しつつ、主体性や個性を尊重する経営スタンスは、独自の世界観を漂わせている。日本屈指の断熱性能を誇る注文住宅を市場に提供し、自らを「断熱バカ」だと揶揄する一面も。 漆喰(商品名ホワイトウォール)などの塗り壁材、建築建材のメーカーであるオメガジャパン株式会社の代表取締役 社長。 元ラガーマンである。