WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

坪庭に求めるのは。。。

自然と調和する家

掛川市倉真の建築中のO様邸、足場が外れ外観が露になりました。

お打合せの際は外壁の色選びに悩まれていたOTさん、OMさんでしたが、花屋敷のモデルハウスを見学し

『ココと同じで』と即決。

緑の中にブラウンの大屋根とアイボリーの壁がしっくりなじんでます。

浴室の坪庭

O様邸のこだわりのひとつである浴室の窓から望む坪庭について現地打合せを行いました。

坪庭の緑を楽しみながらも、外から覗かれないように目隠しフェンスの高さを確保したいMさん

空が大きく見えるようにして開放感、広がりを感じたいTさん

どちらの要望も叶う丁度いいサイズを探るため実際にバスタブに座っていただき窓からの眺めを確認。。

高さと距離の関係

よりイメージしやすいよう
窓の外では監督の栗田が手を伸ばしてバーを持ち、仮想フェンスになってくれました(笑)

『自分が手を伸ばした高さで2400です』

背が高いっていいですね。

(背が低い私は、高身長の皆様に様々な場面で何度も助けられています。)

おかげでお二人もイメージができ

『その距離だと空が見えないよ』

『じゃあ、フェンスの位置を壁から遠くすれば高さは今のままでもいいでしょ』

そんなやり取りを何度か繰り返し

ちょうどいい距離、ちょうどいいサイズでまとまりました。

解放感と癒し

浴室の坪庭が小さなパワースポットになりそうです。

6月の完成が楽しみです♫

 

 

鈴木教代

投稿者: 鈴木教代 チーフ

コーディネート歴は、なんと四半世紀!その豊富な知識と経験は、的確なアドバイスと提案力となり、幸せで快適な暮らしを提供することに繋がっている。 彼女が醸し出す優しいスマイルは、「仏様・教代様」というネーミングがピッタリハマる存在。 全てを受け入れてくれるその笑顔と声掛けに、ウィングホームスタッフも心が満たされている。 バリバリのキャリアウーマンである教代さんの趣味は「家庭菜園」。土の成分までとことん調べて追求するところがちょっぴり可愛らしく魅力的でもある。ウィングホームでは、「スマイルスリー」の一員でもある。