WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

太陽と風と元気の出る家

「太陽と風と元気の出る家」
これは社長がウイングを創業してからずっと引き継がれているコンセプトです。

私はこの言葉が大好きです。

子どもの頃
泣きながら帰ってきても
うれしくてワクワクして帰ってきても

扉を開けて
おうちに入るとホッとする瞬間を
思い出すからです。

大人はいろんな方法で目先を
変えることができます。
でも小さなお子様は、
自分で何かを選ぶことはできません。

いま目にしているもの
いま触れているもの
いま嗅いでるにおい

毎日無意識に感じているすべての事が、
お子様の心・身体に残っていきます。

ちょっと目を閉じて、
小さな頃に過ごしたお家を思い浮かべてみてください。

 
疲れた体を癒す場所が、
一日の始まりを迎える朝が、
心地よいお家に包まれているとしたら。。。

何が見えてくるのでしょうか。

栗田佐枝実

投稿者: 栗田佐枝実 アフター担当

三重県出身。学生時代は京都で過ごしていたため、たまに上品な関西弁が出てしまうお茶目な一面も。太陽のように温かいその笑顔は、まさしくウィングホームの「お母さん」的存在。ウィングホーム創業後、初めて正式な仲間として採用されたのが彼女である。いわば彼女はオープニングスタッフ。彼女も専務の鈴木と同様にウィングホームの屋台骨であり、ウィングホームの「愛」の源は、この栗田さんの「愛」と斎藤の「愛」から成り立っているといっても過言ではない。いつも優しお母さんのようにスタッフの環境を整え、ためらいなく優しく包んでくれる栗田さんの存在は、ウィングホームにとって欠かせない「優しさの羅針盤」でもある。嵐のファン。特に大野智が大好き。 ご主人は社長の幼馴染みだという噂だが、どうしてご主人と結婚したのかだけは未だに謎なのである(笑) 彼女が突出している点は、「美声を活かしたマクドナルドの店員さんにも引けをとらない電話対応力」と「全体を俯瞰して最適化を促す力」それに助けられたウィングスタッフは数多い。