WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

ZEH(ゼッチ)って?

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略

ウイングホーム設計の倉田です。

昨今、チラシ、HPでよく目にするZEH(ゼッチ)
について、簡単にお話させて頂きます。

ZEHとは、建物の高断熱化、高設備化した上で、
使った分のエネルギーを太陽光発電で補い(創エネ)、
年間のエネルギー消費量をゼロにする住まいの事です。

 

ひとことで言えば
(省エネ住宅で、使ったエネルギーをソーラーで取り戻す。)

 

2020年からの新たな断熱基準=ZEH。

現行目標としてきた、H25年断熱基準(温熱対策等級4)が2020年に、義務化されます。

それにより新たな目標基準としての位置づけが、「ZEH基準」です。
(義務はなく任意)

 

※参照
躯体性能
外皮平均熱貫流率(UA)値で比較

H25年基準が0.87  w/(㎡K)
=H11年とほぼ同じ
(計算方法が違うだけのゆるい基準)

ZEH基準が0.60  w/(㎡K)
=H25年基準と比べ5割性能UP

国は2020年までにZEH基準を普及させたい!

政府は、このZEH基準が2020年以降の平均的な住宅となることを目指しています。

そのために、普及促進を目的としたZEH支援事業による補助金も用意され、
住宅の省エネルギー化が進んでいます。

エネルギー政策と地球温暖化はもう待った無し!

(震災以降、温暖化より電気をはじめとしたエネルギー政策が重点になりました。)

とは言え、日本の家の断熱性能が上がるのは一様に良い事です。

 

快適さ=ZEH基準?

ZEH基準は、エネルギーを節約する事、使わない事が主眼。

快適な生活をする上で、電気代は重要ですが、

快適で健康な暮らしに必要なことは、もっとあります。

断熱性能や機械的設備性能だけを考えるに留まらず、

その先にある快適さを、考えていきたいと思います。

 

 

倉田剛

投稿者: 倉田剛 設計部長

見た目は教頭先生っぽいのだが、そのボクトツとした語り口はやはり教頭先生である。本人は建築オタクだと言うが、話してみると誰もが筋金入りの建築オタクだと確信する。かなりのオタッキーである。50才の節目に残りの人生を掛けて自分が本当にやりたい建築を追求できる会社を探したが、住まいのある浜松市周辺では見つからず、ウィングホームに辿り着いた。「設計は家を描くだけではない!」を信条としているが、その意味は深すぎて謎である。社長のよき相談相手となっている。