WH WEBMAGAZINE
お客様の声

お客様の声 掛川市家代の里E様邸

2016/12/13[Tue]

和すぎなくて土間がある縁側で日本酒を楽しむお家

自分たちは古民家っぽく、昭和っぽく、和すぎず、今っぽく。。。 そんな何となくのイメージしか無かったけど、そのイメージを自分たちらしく プランにしてくれたのはウィングさんだけでした。こうやってカタチにしていってくれるんだなって、その時にウィングさんに お願したいなって思いました。プランを描いてもらってから1年くらい。。。ずっと自分たちのペースに合わせてくれて、しつこくなくってずっと待っていてくれたのも、最終的な決め手になったのかもしれません。打合せが始まり、内装など決めている時に「大丈夫ですよ!おかしかったら ちゃんと言いますから!」って望月さんが言ってくれて。自分たちのやりたいことはあっても統一感がなくてバラバラになるのが不安だったから、自分たちのやりたいことをわかっていてくれて提案してくれたり、見守っていてくれて。。。いつも安心でした。ウィングホームってかわいいイメージだと思うけど、“ナチュラルだけど可愛い過ぎず”って思っている人も多いと思うので、こんな感じにも出来ることを知ってもらえるかなって思います。なんとなくのイメージでも作ってもらえるってことも感じてもらえるかな(^^)自分たちらしい家になったと思います。

どんな住まいを欲しかったか?

・和風で自分たちの住みやすい住まい。
・流行などにあまり流されず、長く心地良い住まい。

ウィングホームに決めた理由

・施工例を見て気に入った。
・しつこい営業がなかった。

住んでみて良かったところ

・縁側(ウッドデッキ)を長くして良かった。
・収納はたくさん作っておいて良かった。
・屋根裏収納、作っていただいて良かったです。

住んでみて、こうすれば良かったと思うところ

・すぐに汚れてしまうため、床にワックスを塗っておけば良かった。
・寝室には、エアコンをつけた方が良かった。

プラン中の人へのアドバイス

・建てた人の『良かったところ、こうすれば良かったところ』をたくさん見て、冷静に考えるといいと思います!
・収納はたくさんあった方がいいと思います。

ウィングホームでの家づくりを通して、家以外に手に入れたもの

・アパートにいた時より、子どもたちはのびのび楽しく過ごしています。
これからこうしよう、あんなこともしてみたいな、と楽しみがいっぱいです。
・ウィングさんでは、建築中から完成までいろいろなイベントを作ってくださったり、
楽しい家造りをすることができました。
その時間は家とともに私たち家族にとって宝物です。
ありがとうございました。

藤森美佳

投稿者: 藤森美佳 ライフコーディネーター

大学の頃は野球部のマネージャーをつとめ、特技はスコアブックを付ける事。 サッとお手ふきを差し出せる自然型気配りタイプ。まさしく影の立役者さん。 優しい笑顔とおっとりとした雰囲気で、まわりを和ませてくれるムードメーカー。 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということがない。」その言葉の通り、日々成長することに喜びを感じながら、なりたい自分へと進んでいる。その強い意志と向上心が彼女をキラキラと輝かせている。