WH WEBMAGAZINE
お客様の声

お客様の声 菊川市柳K様邸

2017/04/17[Mon]

和裁をしているママが子育てしながら仕事をする時間を作るために家事動線にこだわったお家

子どもが生まれて物も増え、アパートでは少し狭く感じるようになり、そろそろ家を建てようと 夫婦で相談したのが1年前です。いろんな会社のホームページを見たり見学会へ行ったりしていました。

ウィングさんを知ったのは、見学会のチラシでした。姉からウィングさんはしつこい営業しないよって 聞いていたので安心して見学会へ行くことができました。 始めは予算のことも気になって、建売りや中古住宅もいくつか見ていたんですが、 でもなんだかしっくり来なくって。。。やっぱりせっかくお金を掛けるなら 自分たちのイメージする家に住みたいって思うようになって、 家を建てることに決めました。

イメージしていたのは、快適な生活が送れる家。小さい子どもがいてお互いに仕事をしているので、 家事のしやすさもポイントでした。そんな私たちのことをわかってくれて考えてくれて いろいろ提案してくれて。。。はっきりしない私たち二人を相手に大変だったと思いますが、 いつも打合せに行くのが楽しみで、良くしてもらって嬉しかったです。

どんな住まいを欲しかったか?

・以前住んでいたアパートがあまり快適ではなかったので。。(砂がすごい。風が強い etc)
・とにかく気持ちよく過ごせる家に住みたかった。
・子どもも増えたので、子ども達がのびのび育つ家にしたかったです。

ウィングホームに決めた理由

・家族の勧めと、見学会に行って木の気持ちよさを感じて。
・デザインもかわいかったので♪

住んでみて良かったところ

・加湿器がいらなくなった(朝起きた時に、ノドが痛くない!)
・素足で気持ち良い
・キッチンはやっぱり、セミオープンにして正解!

住んでみて、こうすれば良かったと思うところ

・ベランダを付ければ良かったかなぁ

プラン中の人へのアドバイス

いろいろな本を読んで、こうしたいああしたいと想像したことをどんどん伝えると理想のカタチになっていくのかなと思います。

藤森美佳

投稿者: 藤森美佳 ライフコーディネーター

大学の頃は野球部のマネージャーをつとめ、特技はスコアブックを付ける事。 サッとお手ふきを差し出せる自然型気配りタイプ。まさしく影の立役者さん。 優しい笑顔とおっとりとした雰囲気で、まわりを和ませてくれるムードメーカー。 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということがない。」その言葉の通り、日々成長することに喜びを感じながら、なりたい自分へと進んでいる。その強い意志と向上心が彼女をキラキラと輝かせている。