WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

6種類の照明の使い方【ブラケットライト編】

照明の種類

照明には、大きく分けて6種類のタイプがあります。

1.ペンダントライト
2.ブラケットライト
3.ダウンライト
4.シーリングライト
5.スポットライト
6.建築化照明

それぞれの特徴や使い方について紹介していきます。

雰囲気のある空間には「ブラケットライト」がある

「ブラケットライト」とは、壁に付けるライトのこと。

壁を照らすことで、空間を明るくしています。

塗り壁や、レンガの壁など、壁に表情がある場合は、
壁を照らすことで、質感が浮き出され雰囲気のある空間を演出してくれます。

 

間接照明として活躍

作業をする時はしっかりと照らした方が良いためダウンライトやシーリングライトなどをメイン照明として設ける場合が多いですが、
ちょっと落ち着きのある空間でゆったりしたい時などは、
直接的な灯りではなく、壁を照らすブラケットのホワッとした灯りがオススメ。

リビングでゆったりと映画を見る時などは、他の照明は消してブラケットライトだけをつけてみたり。。。

寝室はゆったり休まる空間にしたいので、直接目に灯りが入らないブラケットライトなどの間接的な灯りがいいですね。

デザインも豊富。インテリアのアクセントとしても!

個性的なデザインの種類も多いブラケットライト。

灯りの漏れ方にもいろんなバリエーションがあります。

廊下や階段などのアクセントとしても使われる方も多いです。

ブラケットライトの注意点

ブラケットライトは、直接壁に取付けられているため、照明器具を容易に替えることができません。
別の照明に取り替える場合には、電気工事の業者さんに取り替えてもらう必要があります。

デザインを変えたくなりそうな場所には、ペンダントライトなどのカチッと自分でも取り外しが簡単にできるタイプにするといいかもしれませんね。

でも、上手に取り入れることで、オシャレ度がグッと上がります!!

トライしてみてくださいね(^^)

次回は。。。

「ダウンライト」について紹介していきたいと思います。

意外と奥の深い知的な照明さん?

お楽しみに。。。

前回のブログ
6種類の照明の使い方【ペンダントライト編】はこちらから♪

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。