WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

スタッフの日常「微笑ましい光景」

2人で何をしているの?

夕方、事務所の暖炉コーナーでなにやら2人でミーティングしている様子。

とても真剣に結女監督が大石監督に説明をしています。

 

何かの状況を説明している様にも見えます。

それを見ている大石監督の視線も真剣。

厳しい表情をしています。

どうしたんでしょう?

何かをしくじってしまったようです。。。

大石先輩カンカンです!!

 

再び説明をし始めました。

いったい2人は何をしているんだろう?

 

後輩の志に寄り添う先輩

何をしているのかと思ったら、

打合せのシミュレーションをしているとのこと。

近々お客様との打合せを控えている結女監督。
先輩監督のサポート無しで1人で打合せをする時が来ました。

お客様が安心して打合せが出来るようにと、
事前に大石監督にお客さん役になってもらって打合せのシミュレーションをしながらチェックしてもらっていました。

お客さんがわかりやすいようにと一生懸命説明している結女ちゃんと、それを厳しい目で見てアドバイスしてくれている大石さん。

とても微笑ましい光景に、感動してしまいました♡

ついこの間まで結女ちゃんと同じ新人さんだった大石さんが、今は後輩の練習に付き合ってあげる頼もしい先輩監督に。

自分が今までしてきたことを後輩に伝えている姿を見て、本当に嬉しかったです。

これからの2人の活躍が、
今からゾクゾクするほど楽しみです(*^^*)

 

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。