WH WEBMAGAZINE
見学会

【開催しました♪】完成見学会9月23日24日(土日)
菊川市加茂U様邸

2017/09/17[Sun]
開催日 :9/23(土)~24(日)
時間・場所 :10:00~17:00・菊川市加茂U様邸
スペック :延べ床 26.88坪

『憧れのバイクガレージと
隠し部屋のある
趣味を楽しむ平屋風のお家』できました!

 

◎U様邸の見どころポイント

・憧れだったビルトインガレージに大好きなバイクがずらり。。。
リビングからそのまま行けるからいつでも愛車をいじれて幸せです♪
バイク用のジャケットはここに掛けて、ブーツはここに。。。
専用のオリジナル収納も造ったから使う度にウキウキです♪

・山のロッジのようなOPENな木の家に憧れて。。。
ムダな仕切りをなくした吹抜け&勾配天井の大空間のリビングは、
思わず深呼吸したくなっちゃう。。。♪ハンモックに揺られてゆったりしたいな~

・「忍者屋敷って面白くない?」
そんなわたしの言葉からできちゃいました♪隠し扉から
ヒミツの収納Roomへ。。。このワクワク感がお気に入りです!
入り口を探してみてね♪

・家の北側にウッドデッキもありでしょ?
日陰のメリットを活かした私たちのホッと休憩スペース。
カフェテーブルでお友達とちょっとお茶したり、七厘で焼き肉したり。。。♪
日差しを気にしなくていいのが最高ー!

 

お施主さんにインタビューしました!

これこそ人生の楽園です

なんとなくマイホームセンターに立ち寄った時のことです。
その時は家を建てる予定はなかったけど、営業さんの話を聞いてるうちに資金計画やヒアリング、そしてプランと、トントンと話が進んでいきました。
でも出てきたプランはよく見るような在り来たりな家で、あれだけ気持ちを伝えたのに、もっと真剣に考えてほしかった。。。と残念な気持ちになったのを覚えています。

でもこれがきっかけとなって、自分達が「暮らしたい」と
思う家を建てようと思うようになりました。

そしてウィングホームさんと出会いました。
最初はチラシで見ていて何となく会社名を知っていたので「近くの会社さんだし、資料を頼んでみる?」と軽い気持ちでした。それから土地探しをお願いして、一年くらいで希望の土地を見つけてもらいました。

社長さんに私たちの話を聞いてもらって出てきたプランを見た時、とても衝撃でした。私たちが、暮らしを楽しむことを何より大切にしていたこと。自分達らしい家に住みたかったこと。。。それがこのプランに詰まっていて、「この家で暮らしたい」と思いました。
自分達の気持ちがウィングさんに伝わったことが本当に嬉しかったです。その日からこの図面を見ながら何杯晩酌したかわかりません(笑)

家って安い買い物じゃないから、妥協せずにちゃんと伝えた方がいい。言った分だけ高くなるのでは?と思い込んで言わないのは本当にもったいないと思います。

ウィングさんに言えば、ちゃんとひとつひとつ親身に考えてくれるし、欲しいものも探してきてくれて、私たちは妥協せずに安心して家づくりをすることができました。

もし若い時に家を建ててたら、今の家にならなかったんだろうなと思います。
今だからこそ自分達がこれからどう暮らしたいのかを考えて、私たちに一番ベストな暮らしと出会うことができました。大好きなものがつまった家って、どんなホテルのスイートルームより贅沢で、これこそ人生の楽園だと思います。

これからは夫婦で毎日冒険しているかのようにワクワク暮らせそうです。
この家と出会えたことに感謝です。

 

今回の見学会について・・・☆

予約は必要ありません。
お出かけついでにお気軽にどうぞ。。。♪
お家づくりの参考になりましたら嬉しいです*

 

●ご見学される方へのお願い●
お施主様のご好意で住み始める前のお家をお借りしています。
ご見学の際は、『靴下』を履いてお越しください。
お忘れの方は、会場に用意されている靴下の着用をお願い致しますね♪

 

「カーナビワード:
長池公会堂(ながいけこうかいどう)さん 」
駐車場は、当日青い案内看板が出ていますので
そちらを目印にお気をつけてお越しくださいね♪(*^^*)

 

資料請求はこちら

お問い合わせ tel.0537-36-3425
営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休(GW、盆、正月は連休あり)
お電話の対応時間は9:00~18:00
資料請求フォームへ
しつこい営業はしないってほんと?
見学会ではお施主様の思いをゆったりと感じていただき、皆様の住まいづくりの参考にしていただけたらと思います。
ですので、しつこい営業はいたしません。お施主様の家づくりの想いをゆったりと感じていただけら嬉しいです。
お好きな時間にお気軽にいらしてくださいね♪
高塚美沙

投稿者: 高塚美沙 広報部

オンラインの国からやって来たクリエイティブな「電脳少女」 その姿を見たものは、未だ数少ない。。。