WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

夕暮れ時の完成間近の現場にて・・・

現場にあかりが灯る

完成間近の現場でもくもくと作業中の男がひとり・・・

完成清掃まで終わった現場を最終確認。

この現場の監督

杉浦くん。

 

 

細部にこだわりをもつ男

普段の彼からは、想像がつかないかもしれないが・・・

元職人だけあって、

実は、現場を見る目は人一倍厳しい・・・

細かいところにもこだわり・・・

お施主様の暮らしやすさ、使いやすさ、美しさを考えてお家をつくっている。

 

 

もうひとつ・・・

サイコーの笑顔をふりまく男

ウィングファミリーさんからお聞きしたはなし。

実は、杉浦くんの名刺(写真入り)をダイニングテーブルのクリアマットの下にはさんであって、いつもみてるの。。。

娘からもなんでずっとここにはさんであるのか聞かれるんだけど、

なんか、この笑顔みてると、元気がでるから・・・♡

 

名刺一枚で人を元気にできるなんて・・・すごすぎる。

実は、ファンも多い?!

 

 

もうすぐ見学会

そんな、杉浦くんが担当したお家がもうすぐお披露目です。

7月23日・24日 菊川市加茂にて開催します!

 

長島麻衣子

投稿者: 長島麻衣子 設計部長

子育てしながら働く建築士であり、ウィングホームの専務である鈴木住直と共に注文住宅の現場を司るマイスター的な存在である。プラベでは、小学生の子どもを持つ二児のママ。会社ではスタッフの面倒見がよく、部下の育成に長けている頼れるお姉さんというポジションを確固なものとしている。彼女の特性は、子育て目線でお客様の暮らしの提案ができ、安心感を与えてくれること。愛車のミニクーパーは、そんな長島さんにピッタリマッチしている。一部の業界人からは「天才」と呼ばれている。 2010年に自宅を新築。光と風を採り入れて設計した新しい平屋スタイルは、根強い人気を誇っている。