• 来場予約
  • 見学会情報
  • セミナー・イベント予約
  • パンフレット請求

ウイングホーム

FAQ
よくあるご質問

お客様よりお寄せいただくことが多いご質問を、Q&A形式でご紹介しております。
下記に掲載のないご質問に関しましては、お問い合わせフォームまたはお電話(0537-36-3425)にてお問い合わせください。

ウィングホームについて

  • ウィングホームの事業内容は?
    • 住宅事業、輸入建材事業、不動産事業、暖炉・薪ストーブ事業を営んでおります。メインは住宅事業で、全ての事業の共通項は「暮らし」です。一口に「家造り」といっても、土地を選んだり、部材や家具を探したりと、様々な分野で専門知識と技術が必要とされます。
      ウィングホームでは、お客様が一つの窓口で安心して「自分らしい暮らしづくり」に専念できるように、周辺の分野についてもフルサポートしています。
  • 住宅事業ではどんなことをしているのですか?
    • メインは一般住宅の設計施工です。建替え、はなれ、土地探しからのお手伝いもしています。リフォームについても、水廻りリフォーム、増築、リノベーションなど多数の物件を手がけております。
  • 営業エリアは?
    • 菊川市・掛川市・御前崎市とその周辺に限定させていただいております。ウィングホームは『住まいのかかりつけドクター』を目指しています。エリアを絞ることで、お客様とのコミュニケー ションを密にし、アフターサービスを充実させるためにも緊急の際に直ぐに駆けつけられる、車で40分以内の 範囲に限定しています。
  • ウィングホームの営業時間と定休日は?
    • 定休日:年中無休(GW、盆、正月は連休あり)
      菊川本社 営業時間:8:00~18:00

      掛川ショールーム 営業時間 月 13:30~17:30 土・日 10:00~17:30
      casa cube モデルハウス 営業時間 月・火・金・土・日・祝 11:00〜17:30
  • しつこい営業をしないって本当ですか?
    • はい。
      私たちは「お客様の思いを形にするお手伝い」が仕事だと考えておりますので、お客様が望まない営業はしていません。
      お客様が望んでいないときに営業すると、普段ニコニコしている人でも嫌な気持ちにさせてしまいます。
      そうすると、普段ニコニコしているウィングホームのスタッフだって落ち込んでしまいます。
      せっかく、笑顔いっぱいでお客様の家造りのお手伝いをしたいと思っているのに、おかしくありませんか?

      だから、お客様が望まないときは営業しないことにしました。お客様のご希望がある場合には、月に1、2回、見学会やイベントの情報を郵送でお届けしています。(ご希望されないときにはお送りしません。)

      だから、「せっかく見学会に行ったのに挨拶に来ない。」とか「営業に来ないって、えらそうだな。」とか思わないでくださいね。「笑顔の家づくり」を追及した結果が今のスタイルなのです。
      ですから、話を聞きたいと思ったときは、ご来店いただくなり、電話やメールでご連絡いただけると嬉しいです。

      そのときでも、お客様の望む範囲でしか営業はいたしませんのでご安心を。
      ※ただし、見学会などでお客様のお宅をご覧いただく場合はお名前をいただいております。
  • ライフコーディネーターって?
    • 家づくりの先には「幸せな人生」づくりがあります。私たちはただ家をつくるだけでなく、幸せ人生をつくることが仕事です。だから、ウィングホームではお客様担当をライフコーディネーターと呼ぶことによって、よりその役割を明確にしています。また、一生(ライフ)を通じたお付き合いをさせていただきたいという思いもあります。現在6名のライフコーディネーター(全員女性)がおり、お客様の立場になって、お客様の思いに寄り添いながら、家づくりという大事業をお手伝いさせていただいております。
      具体的には、見学会の案内から、お悩み相談、お得な情報提供、土地探し、敷地調査、資金計画、ヒアリング、プラン、ご契約、工事打合せ、着工式、建前、工事中、検査、お引き渡しまでの間ずっと、お客様が不安な気持ちにならないで、お家づくりを心から楽しんでいただけるよう、お客様の思いを形にしていくお手伝いをしていくのが仕事です。


      一般的な営業マンとの違いは、最初(出会い)から最後(お引渡し)までずっとお客様の心に寄り添って一緒になってお家づくりを進めていくことです。また、ライフコーディネーターは全員女性なので、女性ならではの視点で細やかな配慮をさせていただいております。出会いからお引渡しまで、ライフコーディネーターがずっと寄り添っていきますので、安心して笑顔の家づくりが可能です。
  • モデルハウスはありますか?
    • 「施工現場がウィングホームのモデルハウスです!」をモットーとして、なるべく営業経費をかけないように、モデルハウスは持たないようにしてきました。その代わりに、月に2回程度の見学会を開催して、なるべく多くの実際に建てられたお宅を見学していただいております。しかし、新たな提案をするにあたり、掛川SBSマイホームセンターの横にモデルハウスを建てました。ただし、経費削減のためカフェ&雑貨のショップとして委託し、一定期間経過後には土地建物を売却する予定です。
      また、掛川市花屋敷分譲地内にも、「CAFE STYLE」のモデルとしてモデルハウスを建てました。
      こちらも一定期間経過後には土地建物を売却する予定です。

      見学会とは別に「素顔の展示場」(引渡し前の3〜6ヶ月の間のお借りして公開するシステム)を随時開催しています。また、オーナー様(すでに住まわれているお客さま)との信頼関係により、あらかじめご予約いただければ、実際に住まわれている家を見学することも可能です。
  • なぜ見学会が多いのですか?
    • 家を計画中のお客さまにとって、実際に建てられたお宅をたくさんご覧いただくことが一番の参考になると思っています。また、見学会場に足を運んでいただくことで、ウィングホームがどんな会社でどんな人がどんな気持ちでお家づくりのお手伝いをしているのかもわかっていただけると思います。

      ウィングホームで建てたお施主様には、「見学会が非常に参考になったので、今度は私達の家を参考にしてくれていいですよ。」と言ってくださる方が多いです。

      お施主様のご都合により見学会を開催しないお宅もありますが、見学会を開催させていただく場合には、相当の割引きをさせていただいております。
  • 見学会場で記名しなくてはいけないのですか?
    • お客様の好意で大切なお宅をお借りしていますので、アンケート用紙に住所氏名を記名してもらっています。アンケート用紙には『今後も見学会情報等のDMが欲しいかどうか?』の項目が設けられていて、欲しいにチェックしない限り、DM等を送ることはありません(お礼状のみ送らせていただきます)。ウィングホームではHPやチラシで公開している見学会以外にも、非公開で特別な見学会を開催しておりますので、本気で家づくりをお考えの方はDMを希望されることをお勧めします。

      また、しつこい営業もしていません。私たちは「お客様の思いを形にするお手伝い」が仕事だと考えておりますので、お客様が望まない営業はしていません。
  • どうして社名がウィングホームなのか?
    • 現在、作成中です。
  • 女性のスタッフが多いのはなぜですか?
    • 特に女性だけを募集しているわけではないのですが、自然と女性が増えていきました。
      それだけ、女性が働きやすい環境なのだと思います。
      女性が働きやすいと感じる環境とは、「やりがい」と「自主性」だと思います。
      家づくりという大きなイベントをお客様と一緒に乗り越えることで、共に喜び成長できる経験が「やりがい」に繋がり、自分の得意なことを活かして働ける環境を作ってくれる会社の取り組みが「自主性」につながり、仕事を通じて人としても成長できる環境に魅力を感じるのだと思います。
  • 家づくり何からはじめたらいいか分からないのですが。。。
    • 始めはみなさん同じで、何からはじめたらいいか分からないところから始まります。
      わからないからまずマイホームセンターに行かれる方が多いですが、分からないまま進んでしまって、気付けば家が完成していたなんて話しもよく聞きます。
      家づくりって一生に一度の大きな買い物。そこでこれから暮らし続けるのですから、どんな環境で生活するか、今後の人生に大きく影響してきます。
      では、どうしたらいいかというと、まずは自分たちが家づくりをする本当の理由を探すところからはじめましょう。
      そのために、実際に建てられたお施主さんのお家を見学して、暮らしをシミュレーションしてみたり、そのご家族が大切にしていることを感じたり、暮らしを良くするためのアイデアを見たり体感したりして、「自分たちが求めている暮らしってどんなものなのか?」を夫婦で探してみるのもいいですね。
      また、お家づくりの基本的な知識から、業界の裏話、知っておくことでより良い暮らしを得られる豆知識など。。。
      セミナーに参加して、知識を付けることからはじめるのもいいでしょう。
      そこでもう一つ大事な事。それは、どんな人とお家づくりをしたいか。
      暮らし始めてからもずっと安心して過ごせるために、どんなことを大切に思っている会社でお家づくりをしたいのか。
      お家づくりは家を建てて終わりではなく、その後の暮らしまでずっと長く関係してきます。
      安心してお任せできる「パートナー」としてお付き合いしていけるかも感じる事が大切ですね。
  • セミナーではどんな種類があるんですか?
    • セミナーは「資金」「構造」「土地」「間取り」「はなれ」の5つの種類があり、それぞれ興味のあるものに自由に参加することができます。
  • セミナーには子どもも連れて行っていいんですか?
    • お子さんも一緒にどうぞ。。。♪
      地域で活動しているプロの託児スタッフ「りぼんさん」が大切にお預かりさせていただきます。
      パパやママと離れていても、直ぐに顔が見れる環境で託児させて頂きますので、お子さんも安心して遊んでいられます。
      なかなかお家では夫婦で落ち着いて話しができないと思いますので、セミナーでゆっくりとご家族の将来について話し合われてみませんか?
  • 見学会には子どもも連れて行っていいんですか?
    • お子さんも一緒にお越し下さい♪
      お家づくりは夫婦二人でするのではなく、家族みんなでするものだと思っています。
      なのでお子さんにも一緒に体感していただけたら嬉しいです。
      見学会場にも託児スタッフ「りぼんさん」が毎回来てくれています。
      よかったら、託児スペースでお子さんをお預かりさせて頂いて、ゆっくりご覧いただくこともできますので、お気軽にお越し下さいね。
  • 土地もまだ無いのですが、相談に行ってもいいのでしょうか?
    • 土地探しからはじめられる方もみなさん気軽に見学会会やセミナーに参加されていますよ。
      土地探しも大事なお家づくりのポイントです。
      どんな土地が自分たちには合っているのか、どのくらいの予算で土地を考えればいいのかなど、土地探しをする前に抑えておきたいポイントがたくさんあります。
      まずはそのポイントを知ってから土地探しをされた方が、自分たちにあった場所を選ぶ事ができますよ。
      始めに土地を探さないと家の話しは早いと思って、土地から探される方が多いですが、気をつけて欲しいことがあります。間違って始めに土地を買ってしまったら、家が建てられないだとか、理想のお家を建てるためにはもっと土地の購入費を抑える必要があったなど。。。
      買ってしまってからでは取り返しがつかないことがあったり、その探していた時間までもが意味の無いものになってしまう可能性があります。
      だったら、最初から自分たちに合った土地に出会うために必要なことを知ってから探した方が安心ですし、その分時間も有効につかうことができます。いつまでに新しいお家で暮らしていたいかがある方でしたら、なおさらそれをオススメします。
  • 工期ってどのくらいですか?
    • 土地が決まってプランの打合せが始まってから工事着工まで5ヶ月くらい。
      工事が始まってお家が完成するのに6ヶ月くらい。
      その後外構工事が完了してお引渡しまでが1ヶ月くらい。
      なので、打合せがスタートしてから引っ越しまで1年くらいが平均です。

営業活動について

社長について

  • 社長ってどんな人ですか?
    • ユニークで愛が溢れている社長です。
      朝はすぐ近くの公園に水色の自転車で向います。
      遊び道具が入ったリュックを背負って。
  • 社長のリュックにはどんな遊び道具が入っているんですか?
    • まず、ゴルフのアプローチクラブ。陰ながらヨセの特訓を頑張っています。
      一度は封印したスケボー。以前グレーチングに引っかかって、鎖骨を骨折。
      こりずにまだ続けている。
      あとはラグビーボール。学生〜社会人になるまでずっとラグビー人生だったので、その頃の気持ちを忘れないように、時々ラグビーボールを蹴っているそうです。
  • 社長若いですよね。
    • ゴルフで300yad飛ばすほどの体力の持ち主です。
      毎朝、朝のミーティングが終わると、社長の掛け声で筋トレがはじまります。
      トレーナーさんから教えてもらったポーズをスタッフに共有してくれます。
      スタッフにいつまでも健康でキレイにいて欲しいという願いが込められています。
  • 子どもの頃はどんな子どもだったんですか?
    • 「転んでもただじゃ起きない」とよく言われたそうです。
      参観会ではお母さんの人気者だったそうです。
      朝小学校に登校する前に、まずクワガタを取りに行って、それから釣りをして、それから学校に通っていたそうです。
      家がパンやだったので、ソフトクリームをなめながら。
  • パン屋さんだったんですか?
    • 社長の実家は菊川駅前商店街でパン屋さんをやっていました。「さいぱん」という名前で有名でした。
      社長が一番好きだったパンは、ピロシキとクロワッサンだそうです。
  • ラグビーのポジションから「ウィングホーム」という名前がついたって本当ですか?
    • その説が有力です。
      社長は「ウィング」ポジションだったらしくトライゲッターだったようです。
      過去の栄光ですね。
      もう一つの説は、「心」と「技」

      心技一体というら言葉がありますが、この「心」と「技」の両翼があってウィングホームが存在しています。

      着工前の打ち合わせ、工事中、お引渡し後、いつでもお客様に安心して楽しく過ごしていただけるように、心の通ったハートいっぱいのサービスを心掛けています。
  • ウィングさんって創業何年ですか?
    • 1995年1月に「ウィングホーム」が設立し、2015年で20年が経ちました。
      32歳で独立し、パン屋の跡地で一人でスタートしました。
      シャッターを開けると、赤いハイラックスサーフが。
      サーフの荷台を改造して、大工道具を積んで走り回っていた時代があり、それから事務の栗田さんが入って、今では専務の鈴木さんがまだ22歳の時に監督として入社。
      そして今の事務所がある場所に移動して、今では20名のスタッフがいる地元のハウスメーカーとして成長しています。
  • シェアショップって何ですか?
    • ウィングホームのショールームであり、地域のママさん達のいこいの場でもあります。
      以前シェアショップができる前のウィングホームは、掛川ショールームでの打合せしかできませんでした。
      席は4席。週末の打合せが重なることが多くなり、とても打合せスペースが足りない。
      もう1ヵ所打合せができる場所を作ろう!ということになったのですが、ショールームを作っても、使うのは休日のみ。平日は特に利用することがないのでもったいないな。。。
      そんな時に、地域のママさんたちの活動をしていた「倉部さん」から、「地域のママさん達が活動する場所が無くて困っている」という話しを聞いて、それなら、平日の昼間に活動したいママさん達の活動の場所としても提供できるような「シェアショップを作ろう」
      ということで、この建物ができました。
  • シェアショップではどんなことをしているのですか?
    • cafeをやっていたり、多肉植物の寄植え教室をしていたり、ヨガをしていたり、採りたて野菜を売っていたり、手作りの小物雑貨を売っていたり、手作りの焼き菓子やパンを売っていたり。。。
      いろんな方が自分の好きなことをシェアしています。
      いつ何をしているかは、シェアショップカレンダーで見れますよ!
      予約が必要なイベントについては、直接主催者さんに連絡して予約をしてくださいね♪

      もちろん、ウィングホームのイベントもやっています。
      毎月1回「おうちづくりCAFE」を開催しています。
      土地探しのこと、間取りづくりのこと、構造のこと、資金のことの4つのテーマごとにお勉強会を行っています。
      こちらは、ウィングホームのホームページのイベント情報をご確認ください。
  • シェアショップって気になっていたけど、ウィングさんのショールームだったんですね!
    • みなさん気になっているようで、ウィングホームのショールームだと知ってビックリされるというか、やっと謎が解けたって顔してます。
      シェアショップを利用している方でも、後からシェアショップがウィングホームのショールームだと知る方も多いです。
  • ウィングさんのお家の宿泊体験って無いんですか?
    • あ〜るよ。
      シェアショップに宿泊できます。
      シャワールームや洗面室やお布団もキッチンもあるので、気軽に体感してください。
      今までに宿泊体験された方もいらっしゃいますよ。
      うちのスタッフも時々お泊まりしてます。なんだかとっても快適みたいです。
  • 専務って何歳なんですか?
    • あー見えて36歳です。
      見た目の安心感から、もっと年上に見えるようですが。。。
      子どもたちからもとっても人気。ウィングホームのキャラクターの様な存在です。
      Xmasパーティーには、トナカイになってみんなを楽しませてくれるんですよ。
  • ブログで時々出てくる部活が気になってました。
    • 「モチ部」から始まり、「料理部」「テニス部」「ヨガ部」「ゴルフ部」などの部活があります。
      それぞれ個人的に集まって楽しんでいる部活で、月に1〜2回のペースで活動しています。
  • モチ部ってなんですか?
    • モチ部とは、この間退社した望月が部長の部活です。
      「よく食べよく笑いよく動く」がスローガンで、オシャレで美味しいパン屋さんを巡ったり、山登りしたり、浅草を自転車で走り回ったり、壁を登ったり、かわいい雑貨屋さんを巡ったり、動物園へピクニックしにいったり、時には古民家に宿泊したりと、とってもアクティブに活動しています。
      部活当日のスケジュールは当日の朝に部長から告げられます。
      サプライズな一日を過ごすのがモチ部の活動の特徴です。
      部員は、望月、松下、冨永、三井、(杉浦)です。
  • 料理部ってどんなもの作るんですか?
    • 料理部は、冨永のお嫁さん修行の為に発足した部活です。
      まずは、お味噌汁を作るところから始まり、今ではキッシュを作ったり、牛スジの煮物を作ったり、結構本格的な料理教室です。
      毎週月曜日の会議の後のランチを作ってくれている「なつきDeLiさん」が先生です。
      部員は、栗田、教代、冨永、三井、松下、(中山)です。
  • テニス部もあるんですね!
    • テニス部は、その名の通りのテニス部です。
      毎日デスクワークのスタッフが身体を動かせるようにと、社長が声かえをしてできた部活。
      テニス経験者の栗田さんがコート取りやコーチとの連絡をしてくれています。
      コーチの特訓がメインの部活です。
      どうしてかというと、試合ができるだけのラリーができない部員が多いから。
      部員は、栗田、宮口、社長、河野、松下、(市川)です。
  • ゴルフ部に入りたいんですけど!
    • 大歓迎です。
      部員は社長、河野、杉浦、松下、専務、竹澤です。
      活動はあまりできていませんが。。。
      温かくなってきたら活動し、熱くなったら休部する部活です。
  • 小屋裏エアコンってなんですか?
    • 夏は屋根裏に1台家庭用のエアコンを入れて、その一台で全館冷房するというシステムです。
  • エアコン1台で涼しくなるんですか?
    • 家に帰って来て玄関ドアを開けた瞬間にわかります。
  • どういう仕組みですか?
    • 屋根裏のエアコンを24時間運転させておきます。
      そうすることで、常に壁や床や天井の温度が設定温度に保たれるため、そこに触れる空気も同じ温度になります。
      なので、常に体感温度は変わらず涼しく、体温より壁や家具の温度の方が低いため、熱を奪ってくれるので、涼しく感じるのです。なので、設定温度を低くしなくても、26℃など高めの温度設定でOK!!
      24時間運転させているといっても、自動運転ですので、設定温度に達すれば勝手に切れたり付いたりしてくれます。
  • 24時間付けっぱなしだと光熱費が上がりそうですが。。。
    • 24時間運転させているといっても、自動運転ですので、設定温度に達すれば勝手に切れたり付いたりしてくれます。
      なので、電気代はそれほどかかりません。

      たとえば車と同じです。
      高速道路など一定の速度で長距離を走るのと、信号で止まったり走ったりしながら運転するのでは、燃費が違いますよね。

      それと同じで、出かける前にエアコンを止めていくことで、室内の温度が熱せられ熱くなってしまい、帰ってきて玄関のドアを開けるとムワ〜ッとしますよね。
      だから、おもいっきり温度を下げてガンガンに室内を一気に冷やすので、エネルギーを一気に使います。
      一度エアコンを消した事で、部屋の中の家具や壁や天井も同じように温度が上がってしまっています。
      なので、一気に空気を冷やしても、それらが熱くなっているので、体感温度はなかなか下がらないのです。
      やっと室内の温度が一定に冷やされたかと思うと、また出かけるときにエアコンを消してしまうので、また同じ事の繰り返しです。

      一方、24時間エアコンを自動運転していることで、そこまで低い温度設定をしなくても、壁や天井などは一定の温度を保ち続けるので、エネルギーを使わずに涼しさを保てます。
      そして、帰って来た時、玄関のドアを開けた瞬間。。。「涼しい〜♪」となります。

      どちらの暮らしの方が好きですか?

よくあるご質問

Top