WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

穏やかな心で包まれる暮らし

やっとここまでこれました

「ここまで来るのに4年かかったもんなぁ。・・・長かった~!」

先日、ご契約を迎えた掛川市高田S様。

ウィングホームとの出会いは4年前。

ウィングファミリーのY様がご親戚というご縁がきっかけになり、完成したお家を楽しみに見学会へ足 を運んでくださるようになりました。

 
「どの家を見ても洒落てますよね!」

「見るお家ぜんぶ個性があって、どのお家もオシャレ。
自分たちでもこんな素敵なお家にしてもらえるんだろうなって感じて。。。もう、ウィングさんしか見なくなってました(笑)」

ハナレという選択をするまでに

もともとハナレをご検討されていたS様ですが、立ち止まり考えた時期もありました。

間口が狭く陽当たりも心配。

別の敷地の畑に建てる方がいいか、

ハナレを建てるか、母屋を二世帯に建てなおすか。。。

何度もご家族で話し合い、一歩ずつ前にすすんでは戻りながらたどり着いた答えが“ハナレ”という選択になりました。

深呼吸からはじまる、そんな暮らし

落ち着いたカラーがお好みのご主人Tさん。
明るいカラーがお好みの奥様Mさん。

求める色味は違うけど、お家に求めるものは同じ。

 

 
無垢の床のやさしい肌触り、しっくいの塗り壁のゆらぎ。

勾配天井のリビングには大きな窓から気持ちいい風と太陽の光がそそぎ、

深呼吸からはじまる穏やかな朝。

家族で過ごす休日もゆったりとした時間が流れて。。。

 

お仕事や子育てに忙しい日々を送っているS様ご夫婦。

そんな“ゆとりある暮らし”をカタチにしていきます。

これからお二人にとっての「ちょうどいい」を探す、コーディネート打合せがスタート♪

そのご家族らしく色づいていく、大好きな時間です。

 

Yちゃんが産まれるずっと前、Aちゃんがまだ歩けなかった頃に出会い、ここまで一緒に歩んでこられたこと、お家づくりという幸せな時間を一緒に過ごさせていただけることに。。。改めて感謝です。

 

冨永青葉

投稿者: 冨永青葉 ライフコーディネーター

ウィングホームでは「ヒマワリ」のような存在。 掛川市では有名な「冨永三姉妹」の末っ子であり、中学の時にはバスケットボール部の部長を務めた経歴をもつ。 月刊レポートであるウィングパーティーのコメント欄の名前が「青葉ちゃん」と書いてあることもあって、お客さんからも「青葉ちゃん」と呼ばれることが多い。 誰からも愛され親しみやすい性格で、青葉ちゃんのヒマワリの様な笑顔の周りには、いつもたくさんの笑顔と幸せで溢れている。自分のことよりまわりの人のことを何よりも大切にしていることは誰の目にも明らかに映る。 好きな芸能人は「岡田准一」。小学校の頃からの熱狂的なファンであり、彼が主演している「おとなり」という映画が一番のお気に入り。