WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

幸せを感じる暮らし方

造り手が見える安心感と伝わる温かみ

菊川市加茂でお家づくりをされているTさん。

6月に地鎮祭を行って工事がスタートした夢いっぱいのお家が、職人さんの手によって一つ一つカタチになってきました。

「なかなか仕事中に行ってじゃ何なっちゃいけないからと思って、職人さんたちが帰ったあとにお家を見に行く事が多くて。。」

職人さんがやりやすいようにと気遣いしてくださっていたTさん。

今回 漆喰の手形を付けに現場へ行ったときに、直接職人さんとお話ができました。とっても楽しそうがTさんの姿が印象的でした。

 

普段なかなか直接見る事ができなかった職人さん達の技。そしてとっても温かい人柄。冗談を言いながらもすごく楽しそうに作ってくれている様子を見る事ができました。

「職人さん達がひとつひとつ手作りで大切にカタチにしてくれるから、お家に温かみを感じるんじゃないかなって。。。そんな職人さんの温かみを感じながら暮らすことでより幸せを感じられるんじゃないかなって思うんです。」

想いがあるから伝わってくる優しい温かさ。

まだ住み始める前から感じるんですね。

思い出と共に暮らしていきたい

いよいよ手形を付けるときがきました。

ウィングホームのお家は漆喰仕上げなので、お家作りの思い出に家族の手形を付けることがあります。

「せーの!」

家族並んで一斉に手形を付けようとしているTさんご家族。

とっても楽しそう♪

大好きなものに囲まれた暮らし

「これ付けることできますかねぇ?」

ムーミンが大好きなTさん。

ムーミンのクッキー型を漆喰につけることに!

 

「自分らしさ」の中で暮らす幸せ。

ずっと暮らしていく家だから、「大好きなもの」で囲まれた空間にしたい。

家も家族の一員。大切に暮らしていきたい。

そんな想いを感じました。

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。