WH WEBMAGAZINE
スタッフブログ

リノベーション
vol.2

始まります

リノベーション工事を進めてきた A様邸
ご相談から沢山の時間をかけてこられた
¨思い¨ が形になりました◎
いよいよ新しい生活の始まりです

「こんな暮らしがしたい☆」がいっぱい詰まった

¨思い出の部屋¨  と
¨始まりの部屋¨  のご紹介です

 

 

ビフォー no.1

子供が 走り回っても大丈夫なくらい
広いリビングが・・・

 

 

アフター no.1 洗練されたリビングに

ビフォーで見える 窓がある一面を
トイレ・洗面・ユニットバスを配置した
サニタリースペースに☆
天井は¨ケナフクロス¨に張り替え
壁は¨漆喰¨で仕上げました

サニタリー部への出入りが見えないように
リビング正面の壁を配置
奥に何があるのか?わかりませんよね☆

A様の選ばれた 照明器具と家具 素敵です

 

 

ビフォーno.2

no.1の写真から見て左側
リビングの一角にある畳の部屋
キッチンとの境に壁がある 畳含む8帖ほどの部屋が・・・

 

 

アフターno.2 かたちを変えて 新たな書斎に

こもり部屋にしようかな..と考えていらっしゃいましたが
キッチンとの間仕切りを撤去し
LDKとの一体感を持たせて
開放感のある ¨書斎スペース¨ になりました

畳は今まで使用していた ¨畳床¨ をそのままに
イ草の表替えをしました

 

 

 

ビフォーno.3

リビングの1面の壁が・・・

 

 

アフターno.3 新玄関~リビングへのアプローチに

今まで寝室だった部屋を
新玄関からのアプローチにするため
¨タイル張りの廊下¨ と
¨リビングの前室¨ として区切り
新し空間へと変わりました☆

 

リノベーションの良いところは
思い出を残しつつ
新しい生活が始められるところ☆
新旧の ¨良いとこ取り¨ で
より良いお住まいになっていきます

思い出いっぱいのお家づくりに もっともっと楽しみを☆

岡村祥子

投稿者: 岡村祥子 建築士

女性の現場監督。現場歴10年を超えるベテラン。 18歳の頃から海に通い「ボディーボーダー」としての一面を持つ。その証として全盛期のTRFのYUKIのような小麦肌がとても魅力的。 二人の女の子のママでもあり、彼女から繰り出されるキャラ弁はピカイチ!子どもへの愛情と同じように仕事を愛する建築士ママでもある。女性目線の繊細な部分が現場にも現れ、チームウィングからの信頼も厚く、サクっと建築確認申請を仕上げるという妙技を併せ持つ。謙虚さと視野の広さもパーフェクト。