WH WEBMAGAZINE
お客様の声

お客様の声 掛川市菊浜I様邸

2017/04/29[Sat]

「片付けずにすむように造り付けの収納にこだわった!」 真ん中にキッチンがある家事がラクな タイルと漆喰のお家

初めは他の会社で話しをしていたけど、どうしても自由がきかなくて型にはめていこうとする感じで、「これが限界です」って言われちゃったりして。どうしようかと思っていた時に、知り合いのお家がウィングさんだって知って、HPを見た時、写真だけでもなんだかあたたかい感じがして、可愛くって。。。ウィングさんなら自分たちの理想のお家が建てられるんじゃないかなって思いました。
共働きなので、片付けとかなるべくしなくてもいいようにしたいし、明るいところから毎日仕事に出かけられるように電気がいらないくらい窓も大きくして明るくて風通しも良くしたいし、タイルとかアールの入口とか好きな物をつかって可愛いけど可愛いすぎない感じのお家にしたいし、“はやく帰りたくなるホッとするお家”にしたいし。。。 そんな漠然とした要望を設計の岸井さんが優しい雰囲気で具体的に引き出してくれて、カタチにしてくれたり、担当の市川さんは女性ということもあって話しやすい雰囲気があるし、決められないことがあれば一緒になって考えてくれて、無理なことも持って帰ってどうにか出来ないかって相談してきてくれて嬉しかったです。
そのまま他のところで建てていたら半分も思っていたことが叶っていなかったと思うし、夢心地な感じで家づくりができて、本当に満足できる家が出来るとは思わなかったのですごいなって思います。自分たちが言えることは「自分が好きなところで建てた方が良い」ということです。 何を重視するかはそれぞれだから。

どんな住まいを欲しかったか?

そうじがラクで片付けが簡単な家。

ウィングホームに決めた理由

見学会やHPを見て。

住んでみて良かったところ

夏でも涼しくてすごしやすかった。

住んでみて、こうすれば良かったと思うところ

特になし。

プラン中の人へのアドバイス

色んな見学会に参加して、「自分ならこうしたい」というイメージをたくさん膨らませるのが大事かと。

ウィングホームでの家づくりを通して、家以外に手に入れたもの

家族が明るくなった気がします。

 

藤森美佳

投稿者: 藤森美佳 ライフコーディネーター

大学の頃は野球部のマネージャーをつとめ、特技はスコアブックを付ける事。 サッとお手ふきを差し出せる自然型気配りタイプ。まさしく影の立役者さん。 優しい笑顔とおっとりとした雰囲気で、まわりを和ませてくれるムードメーカー。 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということがない。」その言葉の通り、日々成長することに喜びを感じながら、なりたい自分へと進んでいる。その強い意志と向上心が彼女をキラキラと輝かせている。