WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

6種類の照明の使い方【シーリングライト編】

照明の種類

照明には、大きく分けて6種類のタイプがあります。

1.ペンダントライト
2.ブラケットライト
3.ダウンライト
4.シーリングライト
5.スポットライト
6.建築家照明

それぞれの特徴や使い方について紹介していきます。

今回は、「シーリングライト」について!

天井に直接取り付けられる「シーリングライト」

シーリングライトとは、天井に直接取付けるタイプの照明で、昔からよく使われています。

天井に取付ける為、全体的にまんべんなく柔らかく照らしてくれて、優しい柔らかい空間に仕上げてくれます。

最近ではデザインも豊富で、いろんなタイプのオシャレな照明が沢山。

ペンダントライトと一緒で、誰でも取り外しが出来るため、インテリアの雰囲気を少し変えたい時なのに楽しめる種類になります。

 

ダウンライトとシーリーングライトどっちがいいんだろう?

リビングや子ども部屋など、シーリングライトを一個付けるか、ダウンライトを散りばめるか、迷う方もいると思います。

シーリングライトの特徴としては、タイプにもよりますが、天井にも灯りが照らされるため、天井が明るくなります。

一方ダウンライトは、天井の中に埋め込まれる為、灯りは下だけを照らします。

明るさの感じ方は人それぞれですが、天井が明るいと明るく感じる方は多いかもしれません。

ただし、ダウンライトは使い分けすることで、いろんなシーンに合わせて雰囲気を変える事ができます。

詳しくは、「ダウンライト編Ⅰ」「ダウンライト編Ⅱ」を参考にしてみてくださいね♪

 

色と明るさをシンクロできる!?

今は明るさと色温度をシンクロさせて調光できる商品が出ています。

寛ぎたいとき、作業したいとき、食事をするとき、映画を見るとき。。。

シーンに合わせて色や明るさを変える事ができます。

また、リモコン付きのタイプが多いので、わざわざ移動しなくても座ったままリモコン操作できるのも嬉しいですね♪

いかがでしたか?

昔からいつもよく目にしてたシーリングライトですが、今ではいろんなデザインや特徴があるんですね(^^)

それぞれの特徴を活かしながら、照明プランをしてみてください。

次回は、「スポットライト」について紹介したいと思います。

お楽しみに。。。

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。