住宅向け補助金「こどもみらい住宅支援事業」の最新状況!

2022年の住まいづくりへ向けた目玉補助金!

住まいづくりをご計画中の方へ

嬉しい情報が発表されました!
それは、「こどもみらい住宅支援事業」(※住宅向けの補助金)の予算状況が発表されたのですが、予想以上にまだ予算が残っている状況でした!!

つまり、今からでも最大100万円の補助金申請が間に合う状況だということです。

国土交通省が発表した内容が以下の通りです。

こどもみらい住宅支援事業って…?

以下の①及び②を満たす方が、省エネ性能に優れた住まいを取得する場合に申請できる補助金です。

① 子育て世帯または若者夫婦世帯のいずれかである
子育て世帯とは、申請時点において、2003年4月2日以降に出生した子を有する世帯です。若者夫婦世帯とは、申請時点において夫婦であり、いずれかが1981年4月2日以降に生まれた世帯です。

② こどもみらい住宅事業者と工事請負契約を締結して住宅を新築する方
「こどもみらい住宅事業者」は建築主に代わり交付申請手続きを代行し、
交付を受けた補助金を建築主に還元する者として、予め本事業に登録をした住宅事業者です。
ちなみに、ウィングホームはこの事業に登録済みの住宅事業者です。

何をすればいいの…?

国交省の6月末時点での申請状況を踏まえつつ、昨年のグリーン住宅ポイントの時の最終駆け込み具合を考慮すると…

あくまで個人的予想ですが、2022年11月下旬あたりまでに建築業者(こどもみらい住宅支援事業に登録済みの住宅事業者)と請負契約を結び、補助金の申請を依頼することが出来れば間に合うのではないかと思います!

今後の申請状況によっては、11月より早まることやフタを開けたらもう少し余裕があって2023年1~2月まで間に合うことも考えられますので、申請状況が更新されましたらまた皆様へお知らせさせて頂きますね^^!

鈴木住直

投稿者: 鈴木住直 社長

独立当初から斎藤代表の指導のもと経験と知識を積んできた。スタッフからの信頼が厚いウィングホームの現社長。 スタッフ紹介

開催予定の見学会・イベントはこちら♪