WH WEBMAGAZINE
注文住宅レポート

「狭小地を上手に使った中庭のある家」
掛川市細田H様邸
注文住宅レポート#008

プロローグ

「狭小地を上手に使った中庭のある家」

掛川市細田 H様邸

構造
木造軸組工法
階数
2階建て
敷地面積
218.97㎡(65.99坪)
延床面積
126.69㎡(38.25坪)

縦長の土地を利用したLDKが並んだ開放空間。

和室の中に憧れだったストリップ階段。扉を閉めれば旅館をイメージした個室風に。お客さんが来た時も素敵におもてなし。

“気分いい空間”にしたくって、 ずっと夢だった 「TOYOのキッチン」に連なる団欒の場。

コの字型の家の中心にプライベートな中庭。ちょっと外に出てみんなでお菓子でひと休み。。。

透けるカラフルな食器たちもインテリアに。。。♪

共働きだから部屋干しスペースも確保しつつ、カウンターを広めに作業しやすく。

ストリップ階段を上ると。。。

子ども部屋はいずれ仕切れるように。K君が自分で選んだ黄色いカーテンは一番大きな窓に♪

床に座るのが好きなので机も低く。パパの秘密基地ができました。

ストーリー
カビとか結露って、自然素材を使えば解決すると思っていたんです。

「外断熱」だからカビないんだってことを知って、もうこれしかないって思いました。違うテイストのお家でも、その家族ごとに自分たちの生活を考えてつくっているから、「これはこうやって使うんだ!」とか、実際に自分たちの生活と照らし合わせながら見れたのですごく参考になりました。

キッチンにいる時間が長いから、キッチンからは大好きな物や素敵な景色が見えて。。。家事の作業がしやすいように一つ一つのスペースを広めにとったり、お掃除もラクにできるように、物を外に出さない収納を作ったり。

ずっと憧れだったお気に入りの家具に合わせてコーディネートしたり。。。仕事をしながらインテリアコーディネーターの資格を取るくらい、インテリアが大好きだったので、ずっと夢だったことが今 叶って幸せです。

家づくりを通して夫婦で話す時間も増えました。夢もどんどん膨らんで、応援してくれたおとうさんやおじさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。一緒に楽しんだり喜んだりできる家族の存在のありがたさを改めて感じることができました。友だちもよんでみんなでワイワイ楽しみながら空気がいい環境で安心して暮らしていける「自分の家」を持てて本当に幸せです。

掛川市細田 H様
高塚美沙

投稿者: 高塚美沙 広報部

オンラインの国からやって来たクリエイティブな「電脳少女」 その姿を見たものは、未だ数少ない。。。