安心できるお家づくりのために*【敷地調査】

何を調べるの?

敷地調査ではその土地に

・本当に家が建てられるか

・造成が必要か

・水が引き込めるか

・浄化槽か下水か

・都市計画による制限がないか

……エトセトラエトセトラ

お客さまが安心して家を建てられるように

調べてまとめ上げています。

現地調査

まず敷地調査の依頼を受けると

土地担当の鈴木猪三男が現地の調査に向かいます。

・土地のレベル測量

・敷地内の確認(撤去が必要なもの、解体が必要なものがないか)

・360°カメラによる敷地の撮影

これらを行います。

役所調査

次は市役所へ!

・都市計画の確認(用途地域、計画道路等)

・道路名、幅員の確認、基準法上の道路の確認

・各種認定、許可の条件確認

・地区計画、建築協定の有無

・土砂災害警戒区域や急傾斜地の確認

等々、書ききれないぐらい沢山のことを確認します。

 

現地調査、役所調査が終わると一冊のファイルにまとめます。

敷調チェック!!!

上の現地調査~資料のまとめまでは土地担当の鈴木猪三男が

持ち前のフットワークの軽さを生かして短期間でまとめ上げます。

出来上がった資料は必ず、鈴木社長と山崎でチェックを行います。

・間違った情報が載っていないか

・レベルを確認して造成の有無の判断、排水が可能かの確認

・がけ対策の確認

・建てるために必要な許可などの準備

・資金計画でみておくべき予算の整理

 

備考欄に追記を行って、資金計画時やプラン時に困らないような準備をします。

私はまだまだ社長のように細かいところに気が付けないので

もっと勉強しなければなぁと思って、日々精進しております。

家づくりに安心を

皆さんに安心してお家づくりをしてもらうための大切な下調べ

敷地調査についてでした。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

山崎瑞穂

投稿者: 山崎瑞穂 建築士

女性二級建築士。細かな気配りができる3Dプレゼンマイスター。 スタッフ紹介