漆喰についた汚れの落とし方
~基本編~

漆喰についた汚れの落とし方 ①消しゴム

ウィングホームのアフター担当の岡本です。

今回は漆喰についた汚れの落とし方について、基本3パターンをご紹介します。

まず1つ目は「消しゴム」

鉛筆で書いてしまった。細いクレヨンで描いてしまった。何かが擦れて線がついてしまった。。。

というように『漆喰に染み込んでいない汚れ』は、消しゴムでこするとあっさりと取れることが多いので、まずはお試しを。

漆喰についた汚れの落とし方 ②サンドペーパー

2つ目は「サンドペーパー(紙やすり)」

『ちょっと染み込んだ汚れ』は、汚れがあるところまで削ると落ちます。

ジュースやコーヒーがかかって少し染みてしまった。ウッドデッキの塗装剤が壁の表面についてしまった。。。

そんなときはサンドペーパーでこすると汚れが取れます。上の写真のように、木片等に巻き付けて平らな面を使うとキレイに仕上がります。

サンドペーパーの番手(粗さ)は、漆喰の仕上げ方によって異なりますが、表面が粗目の仕上げであれば#120~#240あたりで。表面がテカテカ系であれば#280~#800くらいの壁肌に合った番手を選ぶと良いでしょう。わからなければ、まずは#400あたりで軽くこすって試してみてください。

漆喰についた汚れの落とし方 ③マイナスドライバー

油性ペンで書いてしまった。細い染みがついてしまった。。。

こんなときには、岡本流の裏ワザ「マイナスドライバー」をお勧めします。

ただし、強い力で思いっきり削ると大変なことになりますのでご注意を(笑)

表面についた細い汚れを先の部分で「強すぎず弱すぎず、軽~くこすって落とす」感じでやるのがコツ。

一度やってみると、この微妙な力の入れ具合いで汚れがキレイに落ちると快感に!?

小さなお子さんでもやれます

この通り、園児だってできちゃいます!

写真だとマイナスドライバーではなく、似たような道具を使っていますね。

先端があまりに薄くて平べったいと削りすぎてしまうので、マイナスドライバーのように少し厚みのあるタイプがやりやすいかと思います。

ほら、この通り!

みんなで楽しくやっていたら、ほら、この通り!

以上、「基本編」でした~。また「応用編」もお楽しみに。

今回、登場してくださった掛川市のAさん、ご協力ありがとうございました!!

 

 

岡本 直彦

投稿者: 岡本 直彦

何かあればすぐに特急号でかけつけるアフターサービス担当。 スタッフ紹介