WH WEBMAGAZINE
注文住宅レポート

「バイクガレージのある平屋風のお家」
菊川市加茂U様邸
注文住宅レポート#033

プロローグ

『憧れのバイクガレージと
隠し部屋のある
趣味を楽しむ平屋風のお家』
-菊川市加茂U様邸-

構造
木造軸組工法
階数
平屋風2階建て
間取り
3LDK+Bike Garage+WIC+2F +Wooddeck
延床面積
26.88坪

黒い塗り壁のアクセントがスタイリッシュな平屋風のお家

真っ白な漆喰の塗り壁に
黒のラインで引き締まった外観。

南面ウッドデッキは、日が照って暑くなる夏場も心地よく使えます。
ちょっとしたカフェテーブルを置いて
お友達とお茶したり、バイク仲間とお喋りしたり。。。暮らしの幅が広がります*

 

コンパクトな玄関にも収納はたっぷり

深い色味で落ちついた雰囲気の内装。
壁は一面シューズクローゼットにしてもらったので、コンパクトな玄関でもたっぷり入るので安心です*

 

太い梁がかっこいいロッジのような木の家

よくバイクで山のロッジに行くので、
あまり仕切られていない開放的な空間が好きなんです。

木の香りいっぱいのLDKで、
ハンモックに揺られながらゆったりテレビを観たり、得意な料理を振舞ったり。。。
毎日旅行しているようなワクワク感がお気に入りです。

 

リビングからそのまま"バイクガレージ"へ。。。

趣味のバイクを思いっきり楽しめる空間

リビングからそのままガレージへ行けるので、好きなときに気軽に来ていじれるのが最高です。

アイアンバーを手づくりしてもらったので、お気に入りのジャケットもたくさん掛けておけます*

 

「意外性があって面白いでしょ?」

こんな雰囲気のお家に、
こんなかわいい色があるとは誰も思わないかなと思って。笑
やっぱり選んでよかったなって思います。来た人に楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

とことんシンプルに使いやすく。。。

寝室からそのままウォークインクローゼットへ。朝仕度もスムーズに済ませられます。

掛けてしまうものと、たたんでしまうものと分けられるように収納計画をしました。

 

モルタル風洗面台、大正解でした

ウィングさんの花屋敷モデルハウスで見たキッチンのモルタルカウンターがかっこよくって。。。洗面台に使っってもらったら大正解でした。

かっこ良くてお店の様なオシャレな雰囲気がお気に入りです。

 

テーマは" 忍者屋敷 "

「忍者屋敷みたいにしたら面白くない?」
そんな何気ない言葉から叶った憧れの隠し扉。本棚を押してスライドさせるとヒミツの部屋へ。。。扉を開けるワクワク感がたまりません。

 

ストーリー
なんとなくマイホームセンターに立ち寄った時のことです。
その時は家を建てる予定はなかったけど、営業さんの話を聞いてるうちに資金計画やヒアリング、そしてプランと、トントンと話が進んでいきました。
でも出てきたプランはよく見るような在り来たりな家で、あれだけ気持ちを伝えたのに、もっと真剣に考えてほしかった。。。と残念な気持ちになったのを覚えています。

でもこれがきっかけとなって、自分達が「暮らしたい」と
思う家を建てようと思うようになりました。

そしてウィングホームさんと出会いました。
最初はチラシで見ていて何となく会社名を知っていたので「近くの会社さんだし、資料を頼んでみる?」と軽い気持ちでした。それから土地探しをお願いして、一年くらいで希望の土地を見つけてもらいました。

社長さんに私たちの話を聞いてもらって出てきたプランを見た時、とても衝撃でした。私たちが、暮らしを楽しむことを何より大切にしていたこと。自分達らしい家に住みたかったこと。。。それがこのプランに詰まっていて、「この家で暮らしたい」と思いました。
自分達の気持ちがウィングさんに伝わったことが本当に嬉しかったです。その日からこの図面を見ながら何杯晩酌したかわかりません(笑)

家って安い買い物じゃないから、妥協せずにちゃんと伝えた方がいい。言った分だけ高くなるのでは?と思い込んで言わないのは本当にもったいないと思います。

ウィングさんに言えば、ちゃんとひとつひとつ親身に考えてくれるし、欲しいものも探してきてくれて、私たちは妥協せずに安心して家づくりをすることができました。

もし若い時に家を建ててたら、今の家にならなかったんだろうなと思います。
今だからこそ自分達がこれからどう暮らしたいのかを考えて、私たちに一番ベストな暮らしと出会うことができました。大好きなものがつまった家って、どんなホテルのスイートルームより贅沢で、これこそ人生の楽園だと思います。

夫婦で毎日冒険しているかのようにワクワク暮らしています。
この家と出会えたことに感謝です。

菊川市加茂 U様
高塚美沙

投稿者: 高塚美沙 広報部

オンラインの国からやって来たクリエイティブな「電脳少女」 その姿を見たものは、未だ数少ない。。。