2020年の目標は、ユーチューバーになること

 

今年は5Gネットワークがスタートします。5Gが普及すると、動画や3D、VRといった大容量コンテンツもストレスなく利用できるようになります。今のホームパージでの発信は、静止画と文字がメインですが、これからは動画と音声によっての発信になっていきます。一説によると伝えられる情報量の差は1000倍以上と言われています。

どういうことかというと、より真実が伝えられるということです。真実をありのままに伝えるのはウィングホームの得意分野でもありますので、これを使わないという選択肢はありません。

 

 

どんな内容を発信していくのか

私がeしずおかさんでブログを始めたのが2007年の1月。ウィングホームが「どんな思いでどんな家をつくっているのか?」を伝えるために当時ではブログが最適のツールでした。

ウィングホームの社長日記

ユーチューブはブログ以上に広範囲の人の目に触れる可能性がありますから、ウィングホームという枠にとらわれず、初めての家づくり、土地探しで成功するためのノウハウを、私のこの道30年の経験からセミナー形式で発信していく予定です。

 

 

ユーチューブチーム

動画発信を増やしていくのに私一人では力不足なので、ウィングホームの年寄りチーム(笑)で一丸となって動画アップしていく予定です。コンテンツとしては、私のセミナー動画と施工例紹介、アフター担当岡本によるメンテナンス動画、不動産担当鈴木による物件動画などです。また、施工例にお客様の動画も足して公開していく予定です(広報担当高塚)。

そうそう、私からは住宅だけでなく、人生の話もしていきたいと思います。具体的には運勢の話や働き方、ワークバランスの話などです。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」ということわざがあります。愚かな人は自分の体験だけから学ぶ、賢い人は人の経験や書物から学ぶということです。私はたぶん、この中間くらいかなと思います。たくさん失敗もしましたが、たくさん書物を読んできました。それでも賢く生きているとは言えませんが、20代、30代の人の参考になるような話も織り交ぜていきたいとおもっています。

 

 

 

思考は変えられる

今日気づいたことなのですが、皆様にもシェアしたいと思います。

ツイッターに「10年後の自分から見たら今の自分は10年前の自分」という書き込みがありました。「10年若かったらやったのに」と後悔するぐらいなら今やれという意味だと思います。

ハッとしました。私にはそういう思考がない。年だから・・・という思考がないことに気づきました。でも、昔そんなブログを書いたことを思いだして、先述の社長日記を検索して見てみました。

男は心のアンチエイジング

11年前、45才の誕生日のブログで、格闘家角田氏の「年だから...という言葉は使わない。」「できないことを年のせいにしない。」という言葉に共感していました。

それ以来「年だから・・・」という言葉は使わなくなりました。年を言い訳にすることもなくなりました。11年経ってそのような思考は無くなっているのに今日驚いたというわけです。

もちろん、年々余命が減っていくわけですから、年を気にしないわけではありません。余命という限りある時間を有効に使うために、やりたいと思ったことはすぐにやるという思考が年々強くなっているような気がします。

 

ということで、ユーチューバになるべく目下着々と準備していますので、ご期待ください。

 

 

 

 

 

斎藤元志

投稿者: 斎藤元志 社長

ウィングホーム株式会社の創業者であり、現社長。自らを「断熱バカ」だと揶揄する一面も。 スタッフ紹介