漆喰の補修方法
~角・出隅編~

住宅点検で掛川市のS様邸へ

ウィングホームのアフター担当の岡本です。

住宅点検で掛川市のS様邸へ。
前もってお電話で「漆喰の角の補修方法を教えてほしい」とのことでしたので、

この日は、やり方をお伝えしながら漆喰補修をしてきました。

 

最初のステップ

上の写真のように、いろんな物が当たりやすい出隅は、角が削れてしまうことがあります。

角の傷みは漆喰に限らず、クロスでも同様ですが、漆喰はやり方さえわかれば自分で簡単に直すことができます。

まずは補修したい部分の上に「絵筆」を使って、水分を含ませます。
筆に水をつけて上から軽くなぞるだけです。

 

多めに盛るのがコツ

次に、漆喰を補修部分に盛っていきます。

盛る、と書いたように、少し多めに塗るのがコツ。塗りながらキレイに仕上げるのは至難の業。それよりも、後から削った方が上手く仕上がりますよ。

 

カッターで盛った部分を平らに

次は漆喰が乾くのを待ちます。
※乾くのが待てない方は(今回も時間短縮のために)、ドライヤーで乾かします。

乾いたら、カッターを使って表面の盛った部分をそぎ落とします。

最終段階もあるので、ここではまだ削りすぎに注意してください。

 

いよいよ最終ステップへ

カッターでだいたい削り落としたら、最後はペーパーで仕上げます。

S様邸の漆喰はツルツルに近い仕上げなので、今回使ったサンドペーパー(紙やすり)の番手は#400。

軽く擦りながら、表面を平らになじませていくと、こんな感じにできあがり!

 

おちゃめなYちゃん

いかがでしたか?

Sさんも「これなら自分でもできそうです!」との言葉。
ぜひぜひチャレンジしてくださいね。漆喰補修は自分でできると楽しくなりますよ。

そういえば、Sさん家のとっても可愛い姉妹も、興味深く見てくれてましたよ。

おちゃめなYちゃんは、自分が目を離したすきに、私の背後にコレを置いて「う○ちしたでしょ~!」

可愛い外見と、言葉のギャップに大笑い。

点検も無事終了し、癒されて帰りました~!

 

岡本 直彦

投稿者: 岡本 直彦

何かあればすぐに特急号でかけつけるアフターサービス担当。 スタッフ紹介