照明のあれこれ

こんにちは*

ライフコーディネーターの渡邊綾です。

先日、夜のお家を見学。照明や漆喰の明るさを体感してきました。

今回は、照明の明るさと気になったことを検証してきたので

いくつかご紹介しますね♪

明るさの違い

照明の明るさには
① 電球色
② 温白色
③ 昼白色
の3種類があります。

 

 

 

 

*電球色

暖かい黄色みのある光

リビングや寝室などくつろげる空間に使用されることが多いです。

 

 

 

 

 

 

*昼白色

 

 

 

青白くぱきっとした光

キッチンや子供室など活動的な場所で使用するのがおすすめです。

実際に本を読みましたが、他の光色に比べ、文字がはっきりと見やすい印象をうけました。

 

*温白色

 

暖かさと明るさを両立した電球色と温白色の間の色になっています。

自然な光なのでオールマイティーに使うことができます。

電球色と昼白色のライトの間に温白色を使用すると自然な色の変化をしてくれます。

 

 

気になるポイント

見学会のお家でよく見るフットライト。

玄関や寝室、階段などの足元を照らしてくれるライトなのですが、いったいどのくらいの明るさなのでしょうか?

足元がはっきりと見え、十分な明るさを感じることができました。

想像よりも明るい光に驚きです!

洗面の明るさは。。?

洗面に設置される方も多い”ブラケットライト”

一灯でどれほどの明るさになるでしょうか。

写真は30W相当の明るさ一灯です。

 

作業をするには十分な明るさを感じることができましたが、

化粧をするには少し暗く、ぼやついた印象を受けました。

暮らしを想像しながら決めることが大切ですね!

最後に。。。

今回は照明について紹介させていただきました。

ブログでは紹介しきれない部分も沢山あるので

見学会で実際の明るさを体験していただけたら嬉しいです!

ご予約受け付けているので、お気軽にお声掛けくださいね。

【フリー】完成見学会 7月2日(土)3日(日)掛川市杉谷 「25坪に理想が詰まった「平屋」のお家」

渡邊綾

投稿者: 渡邊綾 ライフコーディネーター

積極的に何でもトライする向上心高め体育会系女子。 バスケ部で培った攻めの姿勢で、在学中に早くもファイナンシャルプランナーの資格を取得。今自分にできることは何か常に考えながら一生懸命取り組む姿勢は先輩にもいい刺激を与えている。 反面、マイペースで時に何を考えているのかわからない不思議ちゃんの一面も。 休みの日は海までドライブ。今は韓国にもハマっている。 スタッフ紹介