新しい試み

ANDPADの導入

現在、ウィングホームでは協力業者様と新しい試みに挑戦しています。

今年の11月から、施工管理アプリ【ANDPAD】の利用を始めました。

テレビCMもやっているので、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれないですね。

簡単に説明すると、アプリ内での工程管理、各現場の図面等の資料確認、職人さんからの現場写真のアップなどができます。

以前からも同じようなシステムを使用していましたが、

使いやすさ、工程表の見やすさ、なによりも【各業者様とのコミュニケーションの向上】を目的としています。

この【コミュニケーションの向上】ですが、ANDPADの機能でかなり有効活用できるのが、『チャット機能』です。

各現場ごとや、連絡したい人を選んでチャットルームを作成できます。

そのチャット機能を使えば、現場監督からの連絡事項や、職人さんからの疑問点や改善点などが、一瞬で係る人たちに伝えられます。しかも、一度送った内容は消したりできません。

工事現場で起こり得る、「言った、言わない問題」も起こらなくなっていくでしょう。

工程表などの変更がすぐに反映されるので、監督としてもさらに気が引き締まる思いです。

 

 

 

先日、各業者様に対して導入説明会を3回に分けて行いました。

皆さん、真剣に説明を聞いて、試しに写真を送ってみたりと、探りながらですが使ってくれていました。

11月から本格的に各現場で使用を開始しましたが、職人さんたちが現場で作業した部分の写真をあげてくれています。

 

 

 

 

 

 

現場を楽しい場に。

【そこで生活するお客様が、ずっと楽しく暮らしていけるように。。。】

その気持ちを持って、ウィングホームはお家づくりのお手伝いをさせていただいています。

ひとつのお家を作るのに、本当にたくさんの方が関わってくれています。

その協力業者様も、楽しんで仕事をしてもらいたい。

その為には、現場監督として現場をきっちりと進めていくことが大事です。

今回の導入で、より良いお家づくりにしていくことが監督の仕事でもあります。

 

もっともっと、現場を楽しい場にしていきたいです。

 

加藤周平

投稿者: 加藤周平 現場監督

信頼の厚い現場監督であり、知的なイケメン監督というポジションを確率しつつある。 スタッフ紹介