漆喰の壁を補修しました*①

住宅点検の次の日、

2階からローテーブルを運んだ時に

壁にぶつけてポロッと漆喰が削れてしまいました

階段の途中の壁なので

下からも、上からも目立つ位置にぶつけてしまいました( ;  ;

前日にアフターの岡本さんから壁の補修のやり方を教わったので

さっそく試してみました!!

用意するものは

・補修用漆喰

・コテ(絵具の筆などでもok)

・ドライヤー

・カッター

・サンドペーパー

です。

まず補修箇所に多めに漆喰を塗ります。

(後で削るので盛り上がっても大丈夫)

ドライヤーで乾かします。

この時は6分ほど乾かしました

漆喰が乾いたらカッターで削っていきます。

削った漆喰が下に落ちるのでサランラップや簡単なシートを敷くと良いです!

この時は下が階段だったので、かなり雑ですが壁にサランラップを固定しました()

ゆっくり削っていきます!

ある程度削れたら、

あとはサンドペーパーでならします

今回は粒度240を使っています。

当て木をすると真っ直ぐ削れるよと岡本さんが教えてくれました^^

今回は補修範囲が狭いので当て木無しで削りました。

出来ました!どうでしょうか?

思っていたより綺麗に直ったと思います^^!

最初の頃より確実に上手くなっていると思います()

このままリビングの角も直しました。

またブログに書きたいと思います^^

sari * お施主様

投稿者: sari * お施主様

2017年11月にマイホームが完成し、主人と息子(2歳)の3人家族で暮らしています。お家作りでこだわった部分や、大変だったことなど、これからマイホームを建てる方へブログを通して少しでもお役に立てる事ができたら嬉しいです*。 インスタグラムでも日々の暮らしを発信していますので ぜひ一度覗いてみてください*◌アカウント → @_____i.sari