WH WEBMAGAZINE
注文住宅レポート

「旅館のような和のはなれ」
掛川市伊達方S様邸
注文住宅レポート#024

プロローグ

「景色を楽しむ安らぎの
旅館のような『和』のはなれ」
-掛川市伊達方S様邸-

構造
木造軸組工法
階数
2階建て
間取り
4LDK+Laundry Space+Study corner
延床面積
108.47㎡(32.75坪)

「隠れ家料亭」を連想させるアプローチは竹垣で視線を遮り、ゆったりリラックスできる特別感のある空間。憧れていた入母屋の純和風な外観は見る度にワクワクします。

一枚板の式台で家族がずっと暮らしやすい玄関に。和室から真っ直ぐ風が抜けて心地よい特等席で、ご近所さんとお喋りできたり、ちょっと荷物を置いたりできるようベンチもできました。

よしずの天井に障子の小窓、横引き漆喰など。。。心安らぐ空間にしたくて和室は「茶室」をイメージしました。ここで景色を眺めながらごろんとお昼寝するのが私たちの贅沢♪

和室の奥のウォークインクローゼットは、階段下の空間を有効利用。子ども達が学校から帰ってきたらここにランドセルもしまいます。大きなお雛様や五月人形もスッキリしまえて、和室へ出し入れラクチン。

ぜったい欲しかった憧れの大黒柱があるLDKの天井は、標準のものより23cm高くしてゆったり開放的に。子ども達にのびのび遊び回ってほしいな♪

料理をしている時も子ども達のお勉強を見てあげられるよう、キッチンとスタディーコーナーは平行に。これから増えていく教科書も上の収納にスッキリ入るように隠せる収納にしました。

和風の飲食店で見つけたトイレットペーパー収納に一目惚れして、自分のお家にも叶いました♪奥の壁は赤い色漆喰に。さり気ないポイントもお気に入りです。

ドライヤーや化粧品など散らかりがちだったので、専用の造作収納ができました。これなら毎日使う化粧品も「置きっぱなしでもスッキリ!」朝の仕度もラクチンになりました。

雨の日は2階のホールが大活躍。これだけ部屋干しできれば梅雨時期も安心です。お客さんの布団もしまえるように、湿気がこもらないスノコの収納にしました。

KちゃんとIくんそれぞれのお部屋もできました。大きくなったらどんな風に使うのか楽しみです♪収納はポールと棚で最初から分けたので、子ども達も使いやすくなったかな。

寝室は勾配天井と板張りで木の温かみを感じる空間に。旅館に泊まっているようなワクワクした気分で、毎日気持ちよく眠れそうです。。。♪

 

【開催しました♪】完成見学会5月20日21日(土日)掛川市伊達方S様邸

以前、完成見学会を開催しました。。。♪

 

ストーリー
私の母は昔、ウィングさんで働いていました。
「ウィングホームなら間違いないよ。1回行ってみなよ。」って勧めてくれたのですが、よくテレビで見る大手のハウスメーカーさんなら間違いないかなと思っていたので、はじめにマイホームセンターを見に行きました。
でも大手メーカーさんは営業がしつこくて、私たちが営業さんの話を聞いている感じで。。。ここでは自分達がしたい家づくりが出来ない気がして、母が勧めてくれたウィングさんの見学会に行ってみたんです。

ウィングさんは聞いてた通り営業がなくて、私たちの想いを親身に聞いてくれて。。。
会社さんによってこんなに違うんだってびっくりして、ホッと安心したんです。
今までモデルルームしか見たことがなかったから、私たちが現実的にどんな家を建てられるのかイメージできてなかったけど、ウィングさんの見学会は実際に住む人が考えたお家だから、生活しやすい収納や間取りが考えられていて、自然と自分たちと重ねてイメージできたんです。私たちだったらもっとこうかな、とか、これなら暮らしやすそうだよね、って実際に夫婦でゆっくり考えながら見る事ができました。
「最初からウィングさんに行っておけばよかったね!」って2人で話してたんです。

実際に住まわれているウィングのOBさんのお家も快く見せてもらえて、
そのお家は間口が狭い細長いお家なのに吹抜けがあって開放的で。。。
「ウィングさんて本当に何でも考えてくれるんだ!」って夢が広がりました。
私たちはすごくマイペースなので、ウィングさんのほんわかした雰囲気と歯車がピッタリ合っていたんだと思います。
担当の冨永さんは何でも話しやすくって、私たちの想いや好みをわかってくれて。。。家づくりって決めることが多かったけど、焦って決める事はまったくなかったなって思います。一緒に考えてくれたり、待っていてくれたり親身に聞いてくれて楽しく打ち合わせができました。本当に母から聞いていた通りのいい会社さんだなって安心しました。

アパートに長く住んでいたので、実家に行ったとき子ども達がリビングを思いっきり走り回ってる姿を見るとすごく嬉しくって、「やっぱり住む空間って大事だな」って感じるんです。家は生活の基本になる場所だから。。。これから自分達が好きなものがつまった場所で暮らしていけるってどんな感じなんだろうって、今からすごくドキドキしているんです。
「家にいるだけで癒される。」それってきっと気持ちにすごい変化が起きるんだろうなって(笑)

ウィングさんで家づくりができて本当に良かったです。想いがいっぱい詰まったこのお家で、家族の笑顔がより増えるこれからの暮らしがとても楽しみです。
高塚美沙

投稿者: 高塚美沙 広報部

オンラインの国からやって来たクリエイティブな「電脳少女」 その姿を見たものは、未だ数少ない。。。