「アメリカンヴィンテージ家具が似合う
趣味を楽しむお家」
菊川市加茂R様邸
注文住宅レポート#049

プロローグ

「プラモブースとペーパークラフトブースのある、
アメリカンヴィンテージが似合う漆喰のお家」

菊川市加茂R様邸

構造
木造軸組工法
階数
2階建て
間取り
4LDK+Wooddeck+WIC+Laundryroom+Hobbyroom
延床面積
36.75坪

家族でのアメリカ暮らしを経て。。。

何年も家族でアメリカ暮らしていて、ヴィンテージ食器や手づくりの雑貨を飾って暮らしを楽しんでいるアメリカの人々の姿を見て、そんな生活に憧れていました。

 

ドアの横にベンチを置いて、ちょっとひと休みしたりインテリアを飾ったりして自分達らしい暮らしを楽しめるように。。。♪

設計士さんに提案してもらって外壁をアールに*外から見たときもお家が特徴的になってお気に入りです。

 

 

CRUSH CRASHの家具がお出迎え

玄関扉を開けると、大好きなCRUSH CRASHの家具が毎日お出迎え*

靴も上着もアウトドア用品もたっぷり収納できるように、広めのシューズインクロークを造ってもらいました。

そして北側玄関なので、できるだけ光が入るように天窓も付けました。帰ってきた時にホッと安心できる空間になりました♪

 

ママの帰宅動線♪玄関からそのままキッチンへ

たくさん買い物をしてきても、そのまま玄関からキッチン・パントリーへ直行!

重いものをすぐに運び込んで収納できるとっても便利なママの帰宅動線ができました。

 

大好きな食器たちを毎日眺めていたくて。。。♪

「ファイヤーキング」の食器が大好きで、いつも眺められるように飾りながら収納するのが夢でした。

アメリカンな雰囲気を意識したサブウェイタイルの壁に、大好きな食器たちを並べてインテリアとして楽しみたいな♪見ているだけで毎日ウキウキお料理ができそうです*

 

アメリカンヴィンテージ家具が似合う、大好きがつまった団欒空間*

ウィングさんの見学会でモルタル風のカウンターを見て「こんなことも出来るんだ!」ってワクワクしました(*^^*)自分の家でも絶対やりたいって思ったので、夢が叶って嬉しいです*

モルタル風カウンターやアイアンの小窓、サブウェイタイル、ダークなペイントドアなど、かっこよく無機質な雰囲気に統一させて、大好きなCRUSH CRASHの家具達が似合う空間に♪

 

ときめきいっぱいの造作洗面台

お手入れなども考えて、洗面台は既製品にしようかすごく迷ったけど。。。

大好きなものがつまった空間だと、もっとお家を大切にできるかなと思って、カッコイイ造作洗面を設計士さんに提案してもらいました♪

こだわって決めたヘリンボーンのタイルもとっても素敵で大満足*

 

家事はとことん時短したい

お洗濯をしたらそのままウッドデッキへ干して、取り込んだらその場のカウンターでアイロンをしたり、たたんだり。。。

そして、そのまま後ろの棚に収納できます*

この場だけでお洗濯が完結するので、移動の手間がなくて嬉しい♪

 

パパもママも大好きな趣味を楽しみたい。。。♪

2階ホールには、ずっと欲しかったペーパークラフトスペース*

材料やアルバムもたっぷり収納できるように棚を付けてもらいました。

アメリカで暮らしている時に出会った大好きな趣味なので、これからは趣味の時間も大切にしていきたいな。。。♪

 

こだわり派パパのプラモブース

プラモデルを作って塗装したり撮影をしたりするので、塗装のニオイが気になったり、子ども達が触ると危ないものもあるので個室にしてもらいました。

塗装をする時の排気ダクトを通すスペースを予め付けてもらったり、ダクトが隠れるようにカウンター下に扉を付けてもらったり。。。趣味を快適に楽しめるように、細かいところまでこだわっちゃいました♪

 

お施主さまブログ 始まりました☆菊川市加茂R様

これからも更新して下さるのでお楽しみに。。。♪(*^^*)

オーナーブログ 始めました♪

ストーリー
『「家づくりって大変だよ」って言われていたけど。。。』


仕事で何年も家族でアメリカ暮らしをしていました。
ヴィンテージ食器や手づくりの雑貨を飾って暮らしを楽しんでいるアメリカの人々の姿を見て、私達もそんな生活に憧れました。

日本に帰ってきてからアパートで暮らすことになって、子ども達をのびのび遊ばせてあげたくても下の階の人に気を遣わないといけないのがモヤモヤしてて。。。「マイホームでのびのび暮らしたい」 「憧れていた暮らしを叶えたい」と思うようになりました。

いろんな住宅会社を見に行ってみたけど、全然ときめく気持ちが湧かなくて。。。
私達が叶えたい暮らしはできないんじゃないかと諦めかけていました。

そんな時インスタグラムでウィングホームさんの写真を見つけて「近くにこんなにステキなお家をつくってくれる会社があるんだ!」ってワクワクしながら完成見学会へ行ってみたんです。

こだわりが詰まった自然素材のお家で、存在感のあるモルタル風カウンターがかっこよくって。。。「こんなこともできちゃうんだ。自分達もやりたい!」って家づくりの夢が膨らんでいきました。

会場内にかわいいポップが沢山あって、ご家族がここでどう暮らすのか描かれていて、暮らしのイメージがしやすかったし、営業がないから自分達のペースで安心して見れたのも嬉しかったです。

それから構造セミナーへ参加して、家づくりで今まで疑問に思っていたことや、ウィングさんの家の耐震面などがちゃんと聞けて、安心してお家づくりをスタートすることができました。

前に同僚から「家づくりってすごく大変だよ」って言われて覚悟していたけど、担当の功刀さんと設計士さんが私たちの細かいこだわりも全部受け止めてくれたお陰でお家づくりのひとつひとつがワクワクして、本当に楽しい思い出になりました。打合せが終わってしまったときは、寂しくなってしまうくらい。。。

家を見渡すとどこを見ても「大好き」がつまっている、そんな私達だけのマイホームが完成しました。家族とゆったり過ごす時間も、夫婦それぞれ趣味を楽しむ時間も、もっともっと楽しくなりそうです。ウィングさんにお願いして、夢を叶えることができて本当に良かったです。

菊川市加茂R様


高塚美沙

投稿者: 高塚美沙 広報部

素直さと好奇心とクリエイティブな感性が魅力的な広報担当。 スタッフ紹介