WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

伊勢神宮の山を眺めながらのんびりできるCAFEがOPEN!

伊勢にあるBDホームさんがOPENしたCAFEへ行ってきました

伊勢へ遊びに行ったら、ぜひこのCAFE&雑貨屋さんへ足を運んでみてください(^^)

以前から仲良くさせて頂いている伊勢市のBDホームさんがこの冬に新しく「MARCI」というCAFE&雑貨のお店をOPENしました。

とっても素敵なお家をデザインされているBDホームさんが手がけたお店は、他とは一味違う、特別な空間が広がっています。

全てがオシャレの連続!

外観から変わった形をしている「MARCI」は、中に入ってもとっても魅力的な空間が広がっています。

奥に見えるのは1Fが雑貨SHOPのスペースで、2Fはセミナーが出来るようなスペースになっています。

こんな素敵な空間で、お家のことを学べるなんて幸せですね(^^)

白を基調としたインテリアは、木や鉄やステンレスやコンクリートなどの素材の魅力を引き立ててくれます。オシャレな雑貨たちがもつデザインの魅力もしっかりと感じられる場所になっています。

 

建材のテクスチャーも上手に利用して。。。

本来は構造として使われる材料も、上手に素材感を生かしてインテリアに組み込まれていました。

このレジカウンターは「H鋼」といって、鉄骨造で使われる柱です。

工場や倉庫などでよく目にするかもしれません。

そんな材料もBDホームさんの手にかかればこんな素敵なインテリアに変わってしまうんです。

目の付け所が違います!

オリジナルでデザインされた本棚です。

本棚にも鉄板がつかれていました。

アイデアの宝庫です!

この階段を降りると。。。

半地下のようなお部屋があります。

木の模様のコンクリート?

よく見ると、コンクリートの壁に木の板のような模様がついています。

これは、コンクリートの枠を組む際に板の壁をつくってそこに流しいれると、外した時に板の木目がコンクリートに移ってこのようなテクスチャーが生まれます。

外構のウェルカムウォールなどに使っても面白いかもしれませんね(^^)

他にも。。。

これは床の土間です。

よく見ると「畳」の模様が!

これもコンクリートを施工する際に、「ゴザ」を敷いて畳の模様をつける手法があるんです。

ちょっと質感がプラスされることで、冷たいイメージの土間も優しい柔らかい雰囲気になりますね。

伊勢神宮の山を眺めながら。。。

この景色を探し求めて〇〇年。

景色を楽しみながらゆっくるできるそんなSHOPを開くのが夢だったBDホームの濱口社長。

訪れてくれた方に特別な時間を。。。そんな濱口社長の想いをいたるところから感じられる素敵な空間がそこにはありました。

窓からはこの景色をプライベートな景色にしてくれる。

そんな特別感があります。

景色だけを切り取った設計技術。

本当は周りに沢山のお家が建っているのですよ。

そんなことを全く感じさせない設計力。

デザインや感性はもちろんですが、
そんな濱口社長の魅力に引き付けられた刺激的な一日でした。

 

 

↓行って見たい方はこちらをご覧くださいね。

「MARCI」

インテリア、小物、雑貨などをオンラインショップで販売していた「MARCI」は2017年11月に三重県伊勢市前山町に待望のリアルショップOPENすることになりました。
自然に囲まれた「MARCI」は、ロケーションも素晴らしく、日常の忙しさを忘れゆったりとした時間を過ごすことができます。インテリアだけではなく今回あらたに「CAFE」も併設します。ホームページやSNSで皆様に情報を発信いたしますのでフォロー、チェックのほど宜しくお願いします。

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。