WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

「思い出いっぱいつくろうね!」
-島田市島Y様邸-
上棟式

家族が見守る中、上棟が行われました

先日、島田市島でY様邸の上棟が行われました。

朝、私が現場に行った時にはすでにお兄ちゃんのGくんが一人アパートから歩いてきて大工さんが柱を建てていく様子を見ていました。

この日をずっと待ちわびていたんですね(^^)

 

少しして家族みんなが集合!
そしてみんなで棟木にメッセージを書きました。

それぞれいろんな思いを棟木に託していましたよ!

そんな様子を写真に収めているTさんはとても嬉しそうで幸せそうでした*

 

「笑顔になれる家」

「たくさんの思い出をつくろうね!」

その瞬間を大切にカメラにおさめていらっしゃいました*

家族みんなで棟木納め

たくさんの思いの込もった棟木は最後 家族みんなで納めました。

一人ずつ順番に!

 

 

みんなの手で無事に納めることができましたよ*

これからお家の一番高いところから、ご家族の幸せを見守っていってくれるでしょう(^^)♪

 

Fちゃんも上手にトンカチを使ってお家をつくってくれました♪

 

その様子を大切にお兄ちゃんのGくんがカメラにおさめていました。

Gくんにとっても大切な思い出の一つです*

作り手も笑顔あふれる現場

今回、Y様邸を担当する監督は祥子さんです。

笑顔の女神様と言っても過言ではないくらい、いつも笑顔いっぱいの祥子さんは周りも笑顔でいっぱいにしてくれます。

この日も現場では祥子さんの笑い声と大工さんたちの笑顔があふれていました(^^)

 

朝から夕方まで作業して、無事に屋根まで形になりました。

「やっと実感が湧いてきますね!」

自分たちの家が形になっていく様子を見ながら、幸せそうにご主人のTさんが話してくれました。

「子どもたちも1日はしゃいでたから、疲れて家で寝ちゃってます♪」

子ども達の楽しそうな様子を、とっても嬉しそうに奥様のNさんが話してくれました。

家族が家族を想う素敵で大切な日になりました*

そんな瞬間に立ち会えたこと、
私もとても幸せです♪

「もう明日から引っ越せるの?」と3兄弟の真ん中のYくんが何度も聞いてきてくれました(^^)

とっても楽しみにしている新しいお家での生活。
今からとても待ち遠しいですね*

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。