照明の進化と
カッコいいデザインに
触れて…

LED照明の進化

先日 教代さんと「建材展」へ行ってきた時に、同じビックサイトで「ライティングフェア・2019」もやっていたのでのぞいてきました。

ペンダントライトやブラケット照明など、デザイン性の高い照明器具がたくさん展示されていると思っていたのですが、今回多かったのは、「建築家照明」で使うライン照明が多かったように感じました。

デザイン性のある照明器具でインテリアを演出する時代から、間接照明であかりをデザインして空間を演出する時代に変わっていくのかなと感じました。

ライン照明もいろんな種類があり、LEDの光を柔らかく演出してくれるものや、曲線にも使えるような形を自由に作れるライン照明もあって、今まで欲しかったものが実際にどんどん商品化されています。

ちょうど採用しようと思っていたライン照明も実物が見れて光の雰囲気もわかってよかったです*

 

電球型のLEDランプも豊富になりました

このペンダントライトも、全部電球なんですよ!

とっても大きな電球ですね!

インパクトがあって、1灯で使ってもオシャレです。

他にもこんなにたくさんバリエーションが!

1年前まではこんなに種類はなかったと思いますが、今はエジソンランプのようなレトロなデザインもいろんな種類のLEDランプが出ていて、白熱電球を使うことがなくなりました。

ゴーリキアイランドのブラックシリーズ

ゴーリキアイランドさんといえば、ゴールドやシルバーや古美色のマリンライトのイメージだったのですが、マリンライトにもブラックが出ていました。

ガラス部分もスモークのようなブラックのものもあって、可愛らしいデザインから、かっこいいデザインにシフトしています。

天井も明るくするシンプルなペンダントライト

ダイニングテーブルのペンダントライトって、どうしても下を照らすタイプのペンダントが多く、ダイニングの上の方が暗くなってしまいます。

そのため、ダウンライトで補ったりすることがあると思うのですが、この写真の照明器具は、食卓も照らしながら天井も照らしてくれるタイプになっているので、周りも明るくなります。

照明の演出は光と影のバランスでカッコよくなるのでシチュエーションによっても変わってくると思いますが、こういった照明で切り替えができるといいですね。

女優ミラーもシンプルでオシャレに

お化粧をしたりする時や顔色を見たい時には、正面から照らされる照明器具が理想ですよね。

よく言う女優ミラーがベストだと思いますが、丸い電球が周りに付いていていかにも女優ミラーって感じで、デザイン性にかけると言うか。。。

このミラーは、鏡の周りをライン照明が回っていて、シンプルでオシャレで、活気できなミラーだなと思いました!

一目惚れしてしまいました*

これで、パナソニックさんの美ルックならなお良いですね!

インターホンカバー&表札

こちらは建材展の方で見かけたのですが、前からこういったインタホンカバーと表札が一緒になった商品はあったのですが、アイアン調のものだったり、マットなシルバーのものだったり、シンプルなオシャレなデザインは少なかったので目に止まりました。

インターホンのオシャレなデザインが出てくることを願っていますが。。
なかなかオシャレなデザインのインターホンがまだ少ないので、こういったもので対応するのもいいですね!

細かなところですが、こういった細部のデザインへのこだわりが「シンプルだけどなんかオシャレ」とか「なんか素敵!」ってなるんですよね。

参考にしてみてください*

*まとめ*

いかがでしたか?

今回は建材展で感じたトレンドやいいなって思った商品を紹介しました。

一緒に行った教代さんのブログでは、また違った視点で建材展の報告をしていますので、そちらも参考にしながらお家づくりに役立てていただけたらと思います。

毎年建材展やジャパンホームショーへ行かせていただいて、新しい良いものを取り入れていっているのですが、行くことでより良い提案に繋がることはもちろんですが、出展されているものの傾向から今後の方向性も感じられるので、私たちも勉強になります。

また次回の建材展も新たな出会いに期待して。。。
来年も楽しみにしたいと思います。

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。 スタッフ紹介