カーテンも自然素材でコーディネート*

菊川市半済で建築中のE様。

昨日カーテンの打合せに行ってきました。

菊川市加茂にあるシーズナルウインドさん。

どんなテイストにも合うオシャレで素敵なカーテン生地がたくさん揃っています。

現場では、壁ができてきてイメージしやすくなってきました。

窓が道に面しているか、庭に面しているか、透明のガラスなのか、くもりガラスなのか。

場所や見え方によってもカーテンを選ぶ基準が変わってきます。

アドバイスを聞きながら、どこにどんなタイプのカーテンをつけるようか考えながら打合せしました。

見学会でイメージを掴める*

E様のお家のリビングの掃き出し窓は一般的なサイズよりも少し大きめ。

今回の見学会場のお家も同じサイズの窓がついていたのでイメージがしやすいですよと教えてもらって見学会へ。

このお家はシェードとレースの組み合わせ。

たたみ上げた時にスッキリしますし、ひもを引くだけで上げ下げできます。

毎日の動作なので、ラクなのが嬉しいですね。

シェードの場合は、下ろした時に布がピンと張るので、柄のある生地を選んでもきれいです。ファブリックパネルのようなイメージで、お部屋のアクセントになりますね。

今回のお家もそうですが、E様が検討しているのもオーガニックな素材の生地*

漆喰の壁や無垢の床が無添加な素材なので、カーテン生地にもそういった優しい素材を選んだ方が雰囲気にもまとまりが出て馴染みます*

 

 

勝手口にはどんなタイプが理想かな?

勝手口には写真のようにロールスクリーンをつけることが多いです。

ガスコンロの場合は、カーテンにしてしまうと火が近いので心配ですよね。

近頃はIHのお家も多いのでそこまで心配はなくなってきましたが、ロールスクリーンならヒラヒラする心配も無いので安心かもしれません。

また、コンロ周りは油やたれが飛ぶことも多いので、染み込む前にサッとふける生地が理想的。そういった意味でもロールスクリーンはいいですね*

夏は日差しを遮ってくれるので暑くなくなりにくく、冬は冷気をシャットアウトしてくれるので、コンロ前で料理をするママには欠かせないですね!

写真のお家は、ガラス部分を上下にスライドできるようになっていて、閉めたままでも風を通すことができるタイプ。ここも嬉しいポイントですね!

見学会でいろんな見方があると思いますが、その都度テーマを決めて見てみると意外な発見があってより参考になると思います。

今度の見学会で試してみてください(*^^*)

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。 スタッフ紹介