大人の遊びを楽しめる余裕を持たせる

20年、30年先の楽しみがある家

家を建てるときに、みなさんそれぞれに大切にされていることがあると思います。

子どもたちが家の中を自由に楽しく走り回れるようにしてあげたい。

いつ来ても安心できる実家をつくってあげたい。

家事の時間を短縮して、ほんの少しでいいから自分の時間や子どもたちとゆっくりする時間をつくりたい。

いろんな想いを膨らめてお家づくりをされていると思います。

そこにもう一つ楽しみをプラスするとしたら?

それは、将来お子さんたちが巣立った後の楽しみを残しておくこと。

愛着や思い出がいっぱい詰まったお家での暮らしはいつまでも幸せな気持ちにさせてくれると思います。

そして数十年後、そこでの暮らしに新たな楽しみを計画できる場所を持たせるのもワクワクしませんか?

建てるときには必要ないと思っていたけど。。。

先日OBツアーに伺わせていただいたS様が、
「こうすればよかったかなと思うところは?」という質問に対しておっしゃっていたことがありました。

「建てるときには、薪ストーブとかうちは必要ないかな。。と思っていたけど、将来子どもたちが巣立ってからの楽しみとして、薪ストーブを後からでも置けるように初めから計画しておけばよかったかなと、最近は思いますね。」

家を建てた時には目の前の理想を叶えることに夢が膨らんでいたり、子育て真っ最中であれば、まずはお子さんたちがのびのびと健康で安心して成長していける場所を作ってあげたい気持ちが一番だと思います。

S様のお話にあったように、
いろんな視点から家づくりを考えることって大切なんだなと再確認させていただきました。

ウィングホームではプランのヒアリングの時に、将来の計画図も一緒につくっていただいています。

その中で、10年後、20年後、30年後と、家族がどのような生活をしているかを考えた時に、新たに気づくことがあると思います。

皆さんも、自分たちの老後や将来の暮らしへの夢も膨らめながらお家づくりをされてみるものまたワクワクが広がるかもしれませんね(*^^*)

昔の趣味が復活!バイクガレージを覗ける書斎のあるお家

昨日と今日の2日間。
予約制で開催させていただいているK様邸は、以前趣味にしていたバイクをこれからまた復活できるように、バイクガレージを作っています。

そのガレージに置かれたバイクを2階の書斎やダイニングカウンターから覗くことができるご主人のワクワクが詰まっています。

また趣味を楽しめるようにしてあげたいという奥様のお気持ちも感じられて、K様邸にいるとそんな温かい気持ちに触れられてます。

昔の趣味を復活させる家づくりもまた素敵ですね!

 

予約制*完成見学会 3月21日22日(土日)掛川市和光 「バイクガレージのある大屋根の平屋風の家」

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。 スタッフ紹介