WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

住宅点検物語 ~藤枝市N様邸~

N様邸、1か月点検

ウィングホームのアフター担当の岡本です。

本日は、1か月点検で藤枝市のN様邸にうかがいました。

「こんにちは~」と玄関を開けると、5才のSくんと、もうすぐ3才になるKくんがお出迎え。愛嬌たっぷりで元気いっぱいの2人。

小屋裏のチェックをするよ~、と収納階段をおろすと「先に行く!」と先導するSくん。換気扇のスイッチをポチポチしながら点検してる(笑)

さて自分の方も、まだ建って1か月だからと気を抜いて点検するのは一番まずい。念には念をと、隅の方まで気をつけて見る。よしバッチリだ。

ふと振り返ると、アシスタントが2人に増えている。Kくんまで小屋裏に上がってきていた。よく恐くないな~と思っていたら1人では降りられない(笑)

自分が抱っこして、ゆっくりと無事帰還。

真っ白な漆喰に魅かれたのか、ビックリな出来事が!

その後、建具や水まわりなどをチェックしていると、1階が何やら騒々しい。

下に降りてみると「いま、家の壁にいきなりツバメがぶつかって気絶してる。こんなの初めて!」とNさん夫婦。

急いで外に回って見にいくと…

ほっと一息

そこには、意識を取り戻したのか、ビックリした顔のツバメがこっちを向いている。

Kくんが「大丈夫かなあ」と心配していると、バタバタと元気に飛び立って行きました。

壁の方も特に被害はなく一安心。

「ツバメも真っ白い漆喰に見とれちゃったんだろうね~」っていう自然な会話が、ウィングっぽいなあ~と心がほんわかしました。

床下点検も、このとおり

この兄弟が床下に興味をもたないはずがない(笑)

「きちゃだめだからね~」というと予想通りやって来ました。

灯かりをつけたり、興味津々なSくん。でも入り口の所までだよ。

奥をのぞきながら行ってみたそうな顔をしてたけど、ちゃんと戻ってくれたね。

で、Sくんが戻ろうとしたら、もう一本の足が伸びてきた(^^;

床下でこんな様子を楽しんで見ている自分も、はたから見たら変な人なんだろうな。

というわけで、今回の点検もいろいろありましたが(笑)、無事終了。

次はどんな物語に会えるのか、私も日々楽しみに住宅点検にうかがいます!