台風に備えて
リフォームシャッター

後から付けたいものトップ3といえば

ウィングホーム、アフター担当の岡本です。

お客様から「後でこれを付けたい!」という要望が多いのは

1.追加のホスクリーン
2.日よけタープを固定するためのフック
3.後付けのシャッター

この3つは住宅点検の際にもよく声が上がります。

特に最近は巨大な台風が来ることがあり、建てた後で心配になって
シャッターを取り付けたい、という方もいます。

後付けシャッターは難しい?

実は「後付けシャッター」を希望しても、つけられないことが多くあります。

窓まわりに取付スペースが無かったり、窓の周りに『取り付けを邪魔するもの』があるためです。例えば窓の近くに入り隅があったり、窓の上に『換気フード』があったりすると付けられません。

最近はリクシルの「リフォームシャッター」という取り付けやすいタイプが販売されているため、お客様にはこちらを勧めています。

藤枝市T様邸の場合

T様の希望でこちらの南西側の大きな窓と、北東側にある窓の2箇所にリフォームシャッターを取り付けました。

北東側の窓はサッシ周りに問題なく、スムーズに取り付けることができました。
しかし、南西側の大きな窓には一つ問題が…

それは「ウッドデッキ」でした。

シャッターのスペースをカット

3人目のお子さんが生まれて間もないT様。
どうしてもシャッターを付けたいという要望があり、ウッドデッキをカットしてシャッターが取り付けられるようにしました。

そして、無事取り付け完了!!

これで台風がきても安心

シャッター自体の取り付けは1日で完了!!
いわゆる「1dayリフォーム」が可能です。

今回のように、後からつける場合はスムーズにいかないことも多いのですが、どうしても取り付けたい方は一度相談していただけたらと思います。

岡本 直彦

投稿者: 岡本 直彦

何かあればすぐに特急号でかけつけるアフターサービス担当。 スタッフ紹介