モデルハウスで実験*

先日、お家づくり中のS様から
「勝手口を付けようか悩んでいる」というお話が出ました。

どうしてかというと。。。

「生ごみが出た時にすぐに外に出したいから」ということでした!

そこで代表から、
ディスポーザー(生ごみ処理機)を付ければ生ごみはほとんど出ないよとアドバイスがあり、

掛川市紅葉台のモデルハウスで実験をすることになりました!

 

まずはりんごを4等分に切って、
水を流しながらシンクの排水溝へ投入!

 

 

蓋をして20秒程ガガガガガという音がして止まりました*

排水溝の蓋を空けて見ると中はからっぽ。
シンク下のタンクを開けると、りんごは種も全部粉々の状態になっていました☆

 

 

 

 

 

モデルハウスに設置しているディスポーザーは
水と分離して、乾燥してくれるので、嫌な匂いがほとんど発生しないのと、
生ごみの量が減るのでゴミ出しの量や頻度が少なくなる
というメリットがあるそうです(^^)

そうすると生ごみを捨てる三角コーナーも必要なくなりますね!

植物の肥料としても使えるそうですよ☆

 

ただ、メーカーさんによっても違うと思いますが、
今回はシンクがステンレスで、
なおかつ排水溝部分が丸くないと付かないという制限がありましたので
選ぶキッチンのメーカーさんや、使いたいディスポーザーについての制限など、
よく確認する必要がありそうです。

また、自治体によっても使って良い所といけない所があり、
今まではよかったけど今年度からはダメになった等もあるようですので、
検討する場合は事前にご確認くださいね!

 

S様のように、
ディスポーザー体験してみたいよという方はお気軽にお声かけ下さいね(*^^*)

 

土屋有希

投稿者: 土屋有希 ライフコーディネーター

「不動産宅地建物取引士」の資格をもつライフコーディネーター。 スタッフ紹介