こだわりポイント《キッチン①》

 

こんにちは。

今日はキッチンのこだわりポイントをご紹介したいと思います。

 

おうちづくり中、1番楽しみにしていたのはキッチンでした!

一時期はキッチンの事ばかり考えていて、棚や吊り戸、腰壁の高さやペンダントライトの長さのバランスを見るために1/10サイズのキッチンを紙に書いてみたり、数センチ単位で悩んだりしていました。笑

毎日使う場所だからこそ自分のお気に入りの空間にしたくて使い勝手も見た目もこだわったので、どなたかの参考になれば幸いです*

キッチン側の仕様

 

キッチンは標準の中から使い勝手が良さそうなパナソニックのラクシーナを選びました。

 

シンクは人造大理石のカームグレー、扉カラーはエイジドライト、取手はアイアン調のブラックです。

実は扉の色がなかなか決められず、パナソニックのショールームに3度足を運びました;笑

エイジドライトは少しくすんだ明る過ぎず暗過ぎないカラーで、床のオークとデコリエのグレーとの相性もバッチリです◎

 

キッチンの高さ

 

一つ前の記事にも書きましたが、私たち夫婦は背が高いので(166cm,180cm)カウンターの高さは標準より5cm高い90cmにしてもらいました。

標準と同じ85cmのキッチンを使用していた賃貸時代と比べて腰が痛くなる事が減り、作業もしやすくなったように思います◎

165cm以上の方は90cmがおすすめとの事ですが、合う合わないがあると思うので、ショールームで食器を洗ったり野菜を切る動作をしてみるとイメージが湧きやすいかもしれないですね。(私の場合は、担当のお姉さんがお鍋やダミーの包丁を出してきてくれたので、1人おままごと的なことをしてみました。笑)

 

 

腰壁

 

腰壁はデコリエでモルタル調にしてもらいました。

Instagramで見つけたお洒落なカフェの腰壁がモルタルで出来ていて、その雰囲気がとっても好みだったので、いつかお家を建てるならこんな風にしてみたいなぁと思っていました。

念願が叶い大満足です!

 

また、腰壁は手元やシンク内のごちゃつきが見えないようにカウンターから15cmの立ち上がりを作ったので、110cmと少し高めです。

リビングやダイニングの位置からはカウンターやシンク内は見えないので、急な来客があっても慌ててお片付けしなくて済みます。←

小さな事ですが、正解だったなと思っている事の一つです◎

 

 

次回はカップボード側のこだわりポイントをご紹介します。

キッチン側以上に迷いに迷い、こだわったので読んでいただけたら嬉しいです*