こだわりポイント《色の選び方編》

 

こんにちは*

 

今回は、LDKの建具やキッチン、棚等の色の選び方や、こだわったポイントについて紹介したいと思います。

 

Instagramで建具や床の色はどうやって決めましたか?と聞かれたり、現在おうちづくり中の方に相談されたりすることが多いので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

我が家の場合は、絶対に取り入れたいものを一番初めに決めました◎

 

オークの床とモルタル調のキッチンの腰壁は絶対に取り入れたい!と思っていたので、それに合わせて窓枠やキッチン・カップボードの扉柄、建具の色等を決めていきました。

 

モルタル調の腰壁がかなり存在感があるので、その他のものは逆に決めやすかったように思います。

 

 

床とキッチンの腰壁が決まってからは、LDKの全体像をイメージしつつ、他のカラーをざっくりと決めていきました。

 

例えば我が家の場合は、あたたかくてナチュラルな雰囲気だけど甘すぎない感じにしたかったので、

 

*木(木目調を含む)の分量多め

*色を使う場合は、モルタル調の腰壁に合わせてグレー系

*アクセントにアイアン(黒)

 

となんとなく決めておきました。

 

お家も洋服のように、実際に着替えて色味を合わせて…

という風に試すことが出来ればいいのですが、キッチンや建具はショールームやカタログで決めなくてはならないし、出来上がるまでは全体像が見られないというのが難しいところですよね。

 

好きなものを詰め込みすぎて、いざ完成したらチグハグ…

という事がないように、ざっくりと全体のイメージや色味を決めておく事はとっても大事だと思います!

 

 

 

ざっくりとしたイメージが出来たら、詳細を決めていきました。

 

*木(木目調を含む)の分量多め

→LDK内では、キッチン&カップボードの扉柄、カップボード上の飾り棚、腰壁上のペンダントライト 、柱、造作のテレビボード、小上がり和室の側板に木や木目調を採用しています。

分量が多い分、なるべく床のオークの色味に近いものを選びました。

似たような色味に統一したおかげで、全体にまとまりが出たと思います◎

 

*色を使う場合は、モルタル調の腰壁に合わせてグレー系

→飽きがこないようにあまり色は使いませんでしたが、唯一玄関に続くドアをグレーのカラードアにしました。

 

*アクセントにアイアン(黒)

→真鍮も好きなのでどちらにしようか迷いましたが、全体を少し引き締めるために所々にアイアンと黒を使うことにしました。

(テレビボード、カーテンレール、建具やカップボードの取手、吹き抜けの照明など)

真鍮も捨てきれなかったので、2階のアクセントに使っています*

 

 

窓枠や建具、カーテンは白を選びました。

全て白にしたおかげで全体的にすっきり広々と見える気がします*

 

 

知識がある訳でも、たいしてセンスがある訳でもない私がこんなに長々と語るのは恥ずかしいですが(⌒-⌒; )

 

どなたかの参考になれば嬉しいです!