採用してよかったものその2✌︎︎

こんにちは。最近急に秋めいてきましたがまだまだ汗ばむ暑い日もありますね。

漆喰と無垢床の室内は常に26−27℃でとても快適です。

家の中にいると温度が一定なので外の天気や温度、湿度に左右されることがなく、

ここまで違うんだね。と夫と驚いています。

さて今日は「採用してよかったもの」シリーズ第2段を綴っていこうと思います*

リンナイ  洗濯用乾燥機 乾太くん

私が住んでみて本当に採用してよかったものは前回の「ミーレ」に続き、

ずばりガス衣類乾燥機の「乾太くん」です✿

最近は採用されている方が増えてきているので検討中の方も多くいらっしゃるかもしれません。

私も最初は乾太くんを使っている職場の同僚から、これだけは絶対にあったほうがいいよ!!とおすすめされていたのですが、その時はまだ半信半疑だったんです。

調べていくとやはり便利だろうな!ということで採用したのですが

今や乾太くんがないと、困ります!本当に、困ります。

私は現在育休中なのですが、春から仕事復帰することを考えると本当にあってよかったものです。

なぜ必要?そんなに良いの?

小さな子どもが2人いると時間もなければ心に余裕もない。

自分の時間なんてない(ω)0歳児をおんぶしながら夫のお弁当を作り、朝食の準備をしつつ、寝ぼけてソファに転がっている上の子にトイレに行って着替え!と促し…土日だって母は休みなんかじゃない。食事の支度はある。むしろ平日より人数多い!!

月曜日になって上の子が幼稚園に行ってからはもう!抜け殻状態なんですよ!!

すみません、取り乱しましたm(_ _)m

でも共感してくださる主婦の方、多いと思います。笑

我が家は4人家族で夜に1回、日中に1回の頻度で使用しています。

洗濯機が終わってから、乾燥機にかけないもの(Yシャツ、下着類)は洗濯用ハンガーに干し、それ以外のものはポンポンポーンと放り込みます。

標準モードで回すと約30分でふわふわに乾くんです!

洗濯用ハンガーに干す分はごくわずかでほぼ乾燥機にかけてしまっていますが、今までにものすごく縮んでしまったものなどは特にないです*

ソファに敷いているブランケットに子どもが何かこぼしてしまっても、「はぁ〜」と落ち込むこともなく、すぐに洗濯乾太くん をすれば1時間以内に何もなかったことになるわけです。

イライラせずに笑顔で「やっちゃったね」って言えるんですよ。

すごくないですか?笑

寝具の洗濯も全く大変さを感じなくなり、以前とは比べものにならないほどの頻度で敷きマット、枕カバー、薄手の掛け布団を洗濯できています*

上記のように本当に短時間で乾くので、絶対に朝洗濯をしなければ!いうことがなくなり、用事があり朝方に時間がない時は、帰ってきてから回せばいいか〜と、気持ちに余裕が持てるようになりました。

お手入れ方法

ガスの強い力で乾燥させるため、フィルターにはかなり埃が溜まります。

いくつかのモデルがあるのですが、このモデルによってフィルターがある位置が変わってきます。

スタンダードモデルは内側奥。デラックスモデルは扉の裏面にあるので身長があまり高くない方はデラックスタイプがおすすめです*

(私は156cm。デラックスタイプ5kgにしましたが大正解でした

本来ならもう少し頻繁に掃除をした方がいいのかもしれませんが、最近は2−3日くらい溜めて一気に掃除しています。そうすると、ぺりぺりペリっと剥がれるように埃が取れるので、気持ち良いです。笑

設置工事は…

乾太くんを設置の際はコインランドリーのように壁に大きな穴を開けて「排気ダクト」をつける必要があるため新築工事の際に取り付けてもらうことをおすすめします✳︎

少し大変かもしれませんが追加工事として取り付けることも可能だと思いますよ。

最後に…

・家事の時短をしたい

・子どもとの時間を有効に使いたい

・自分の時間が欲しい

・洗濯の頻度が高い

・洗濯物を干すのがあまり好きではない

私は上記の項目に全て当てはまったので、本当に採用してよかったと思っています✿

ご検討中の方に、少しでも参考になれば嬉しいです*