WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

家のてっぺんで見守ってくれている想い
-焼津市I様邸-
祝上棟

待ちに待った上棟日!

先日、焼津でI様邸の上棟がありました!

早朝 土砂降りだったところから、一気に晴天に!
とってもいい天気の中、順調に柱が組み立てられていきます!

自分達の手で形になりました!

棟木には、たくさんの思いが込められ、お家のてっぺんからI様の暮らしをいつも見守っていてくれます。

思いを載せた棟木は、クレーンで家のてっぺんに運ばれていき、それと同時にI様もてっぺんへ向けてみんなで登っていきます。

お家のてっぺんに最後に納める棟木は自分達の手でしっかりと納めます。大切な思いを込めてしっかりと納まりました。

「仙人」と呼ばれている大工さん

I様邸を担当するのは、ウィングホームの歴史を一緒に歩んできた大工の井上さん。あだ名は「仙人」です。

今はお髭が短めですが、いつもは仙人のような髭がトレードマークなんです。いつも場を和ませてくれる笑顔が魅力的なとっても優しい大工さんです。

今回は専務とタックを組んでI様の思いを形にしていきます!

オールマイティーになんでもできる専務は、ウィングスタッフのヒーロー!なんでも知ってて、どんな時でも頼りになるスペシャルな存在なんです。

現場を持つのは久しぶりです。

上棟で現場に出ている姿を見て、
昔、現場を走り回っていた頃の専務を思い出しました。

現場にでれば、いつも汗でビショビショ。ダンドリよく進められるようにいろんなところに配慮していている姿。
ちゃんと写真におさめておきましたよ!!

監督たちの憧れの存在なんです。

無事に工事が進み、上棟式を行いました。

工事の安全と、ここで始まる幸せな暮らしを祈念して。。。*

素敵な思い出いっぱいのお家づくり

今日の日の事、大きくなってもずっと覚えていてくれるといいな♪

その思い出に花を咲かせながら、
大切な思い出と一緒に暮らしていってもらえたら嬉しいです*

「大屋根」が象徴的な趣のある外観。

だんだん形が出来ていくにつれて、その姿を現していきます。

そのカッコよさに、カタチが見えてきただけで「おぉ~!」とつい声がでてしまうくらい感動しました。

これから完成に向けて
沢山の職人さんたちの手で
ひとつづつ丁寧につくっていきます*

ひとつひとつ出来ていく様子も楽しんでもらえたら嬉しいです。

完成が待ち遠しいです(^^)

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

ウィングホーム生え抜きの10年選手であり、2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。シュッとした顔立ちとは裏腹に、情熱的な一面と抜群の運動神経も併せ持つ。好きな言葉は「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。」得意なことは運動全般と唄うこと。苦手なことは辛いものと根回し。