子育て世代のママのニーズは○○の時短!!

子育てママが一番欲しいのは?

共働きも多くなってきている中で、いつも忙しいママが一番欲しいものは何なのでしょうか?

子育て世代のママさんたちの暮らしへのニーズと、少しでも負担が減ってラクになる“暮らしのアイデア”を紹介していきたいと思います。

「そう!そう!そう!」と共感される方も多いと思いますよ。

いつも頑張っているママの為に少しでも参考になれば幸いです♪

家事はなるべく手をかけずにラクにしたい

一番多く上がっている声は「家事をラクにしたい」ということ。

見学会やプランのヒアリングの時にもよく耳にします。

子育てをしながら、尚且つ毎日働きながら家事をしていると、日々が慌ただしく、一瞬にして一日が通り過ぎていく感覚でいると思います。

「仕事から帰ってきたら、子どもとゆっくり遊んであげられる時間が欲しい」

「子どもを寝かしながら自分も寝ちゃって。。その後急いでお風呂に入って気づけば12時。朝も早いから早く寝ないといけないし、ゆっくり自分のことをする時間もできたら嬉しいな。」

家事をラクにしたいという願いの先にはそんな理想の暮らしがあるのだと思います。

家事で無くしたいことは?

「家事」と一言に言っても、
家事の中にはたくさんのやることが詰まっています!!

家事の中で無くしたいことに多いのが。。。

・窓の結露の拭き取り
・アイロンがけ
・リビングダイニングの掃除
・食事の片付けを無くしたい
・洗濯物をたたむ、しまう
・生ゴミの片付け

確かに。
これが無くなったらだいぶ気持ちがラクになりますね!

ここにあげられたことは、家電や間取りの工夫で解決できそうです!

アイロンやリビングの掃除などは、家電でなんとかできそうですが、
その中で、家の工夫で解決できることも!

・窓の結露の拭き取り
 →窓の断熱性能と調湿効果のある壁(漆喰)床材(無垢)で解決!

・食事の片付けを無くしたい
 →食洗機を採用したり、キッチンとダイニングに配置でも改善されそうです!

・洗濯物をたたむ、しまう
 →たたむ場所としまう場所が同じ空間で済んでしまう間取りや、カウンター・収納棚・パイプの配置に工夫でだいぶラクになりそうです!

それでは、今までお家づくりをされてきたOBさんたちが「やってよかった♪」と思うアイデアを紹介していきたいと思います。

食事の片付けをラクにする間取りテクニック!

食事の片付けで負担に思う作業はそれぞれだと思いますが、キッチンとダイニングの配置だけでも、ラクになるポイントがあります!

それは、横並びに配置すること。

対面型のキッチンが多くなっていますが、対面キッチンの良さは、キッチンに立ちながらダイニングやリビングにいる子どもの様子を見ながら料理や片付けができるので、いいなと思われる方も多いかもしれません。

対面キッチンの弱点は、キッチンからダイニングへ行くのにキッチンを回り込まないといけない為、移動距離が多いということ。

一度カウンターに食器を置いて、キッチン側に回り込んでシンクへ置いて、またダイニングへ回り込んで食器をカウンターへ置いて、またキッチン側に回り込んで。。。

一見ラクなようで、動く距離は長いんです。

なるべく移動距離を短くすることを考えると、横並びに配置することで2〜3歩で移動でき、片付けも配膳もラクチンになります。

横並びにしても、リビングやダイニングにいる家族ともコミュニケーションも取れるし、家族の様子を見ながら料理や片付けができます。

ほんの少しの工夫ですが、この工夫が毎日の家事をラクにしてくれて、時短にもつながりますよ。

次回は。。。

今回は、「食事の片付けをラクにするテクニック」について紹介しました。

家族ともコミュニケーションが取れて、尚且つ家事も時短できるのは嬉しいですよね!

お仕事でお疲れだからこそ、「ふ〜♪」と一息できるゆったりとした時間に早くたどり着きたい!

そんな気持ちに少しでも寄り添えられていたら幸いです♪

次回は、「洗濯物をたたむ、しまうの手間が解消されるアイデア」について紹介したいと思います。

子育てママに嬉しい情報をお届けできたら幸いです。

松下 絵吏

投稿者: 松下 絵吏 常務

2015年より常務取締役に就任。マネジメントとアートディレクションに深く携わる。 スタッフ紹介